遂に旅行解禁!

マレーシアニュース

ニュース記事:

Malaysia Airlines ready to facilitate travel to Langkawi starting Sep 16

 

出典:

Malaysia Airlines ready to facilitate travel to Langkawi starting Sept 16 | Malay Mail
KUALA LUMPUR, Sept 3 ― Malaysia Airlines is ready to facilitate travel for fully vaccinated customers to Langkawi, following the government’s decision on the ac...

 

記事の超簡単要約:

2021年9月3日マレーシア航空は記者会見で、

マレーシア航空では、2021年9月16日から開始となる

ランカウイトラベルバブルの準備が整っています。

現在は、ランカウイ島へは1日4便を運航していますが、

需要に応じて便数を増やします。

国内旅行を復活させることは、経済全体を復活させる後押しとなります。

またマレーシア航空の機体全ては、HEPAフィルターを設置しているので

機内の微生物99.97%をろ過できる効率的な空気循環システムを採用しています。』

と述べました。

 

この記事に関する大丸の雑感:

ここからは、大丸の雑感です。

私は現在、マレーシアで海外駐在をしています。

トラベルバブルとは、コロナ後に経済的、地理的に結び付きが強い地域や国が

協力して双方間で人の往来をする取り組みです。

 

まずは、マレーシア国内の数カ所の観光地への旅行が許可されました。

今後はシンガポール、タイ、香港などへの旅行も可能になることが予定されています。

 

まとめ:

数年前に家族でランカウイ島へ旅行に行きました。

 

ランカウイ島は、マレーシアの北西に浮かぶ島です。

ランカウイ島を含め、周辺に99の島々からなりランカウイ群島と呼ばれています。

1980年後半から政府主導で島のリゾート化がすすみ、現在では多くのホテルが立ち並び

東南アジアで有数のリゾート地として世界中から多くの観光客が来ています。

ランカウイ島の面積は380km2で、東京都の約半分ぐらいの面積です。(東京都627km2)

 

ランカウイ島は、免税島(Duty free zone)として有名です。

ブランド品、酒、タバコを免税価格で購入することができます。

一番安いビールは、1缶2RM前後で購入できコーラよりも安い価格で

購入することができます

 

過去、家族旅行では、ビールの安さに欲張って飲みすぎてしまい

家族の前で、リバースしてしまいました。

家族とランカウイ島の話になると、私のリバースの話が真っ先に話題に上がります。

 

そんな苦い記憶のあるランカウイ島ですが、また家族で訪れたいです。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント