警察4,555kgのマリファナを押収!

マレーシアニュース

ニュース記事:

Klang Valley ganja ring crippled with half-million ringgit seizure

 

出典:

Just a moment...

 

記事の超簡単要約:

2021年12月17日クアラルンプール麻薬犯罪捜査局長のシャー氏は、

『警察は、マリファナを栽培している麻薬シンジケートのアジトを襲撃しました。

警察は、4人の男を逮捕し栽培中の4,555Kgのマリファナを押収しました。

末端価格は、491,500RM(約12百万円)です。

またメルセデス・ベンツなどの高級車も数台押収しました。』と述べました。

 

この記事に関する大丸の雑感:

ここからは、大丸の雑感です。

私は現在、マレーシアで海外駐在をしています。

新聞記事によると、4人はアジトでマリファナを栽培、乾燥させて、

固定客へマリファナを販売していました。

生産から販売までの商売を自分達で完結させていました。

今回警察に逮捕された4人の内2人は、前科があります。

逮捕歴があるので、どのようにすれば逮捕されないかを計画し、

商流を考えたのでしょう。

 

まとめ:

マレーシアで新聞記事を読んでいると、麻薬関係の記事を毎日読みます。

ということは、、、マレーシア国内で麻薬の需要と供給があるのでしょう。

しかし全ての商売は、『三方よし』でなければ、長続きはしないと言われています。

『三方よし』とは、売り手よし、買い手よし、世間よしです。

世間よしとは、社会に貢献できてこそよい商売と言うことができます。

 

しかしこの麻薬販売は、

売り手は暴利をむさぼり

買い手の生活を破綻させ

世間に反し、商売を行っています。

 

麻薬販売は、絶対に長続きしない商売のモデルケースです。

麻薬、ダメ、ゼッタイ!

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント