腰に湿布を貼り、ベッドで失禁!

マレーシアニュース

ニュース記事:

MoH: Cough, fever syrup medicines linked to child deaths in Indonesia not registered in Malaysia

 

出典:

Just a moment...

 

 

記事の超簡単要約:

2022年10月24日マレーシア保健省のハイム氏は、

『5つの子供用の風邪シロップ薬から、

許容レベルを遥かに超えるエチレングリコールが含まれていることをわかりました。

・Termorex Syrup

・Flurin DMP Sirup

・Unibebi Cough Syrup

・Unibebi Fever Syrup

・Unibebi Fever Drops

インドネシアでは、

これらのシロップを摂取した子供133人が急性腎不全を引き起こし、

1名は亡くなりました。』と述べました。

 

 

まとめ:

マレーシアで生活していて、

時々マレーシアの病院で処方された薬や薬局で売られている薬に

お世話になっています。

日本の薬と比べてマレーシアの薬は、

効き目が強いと感じます。

 

一度、マレーシアの病院で処方された風邪薬を事務所で飲んで、

数分後に爆睡してしまいました。

薬を飲んだ場所が、事務所で良かったです。

もし運転前に飲んでいたら、大変な事になっていました。

 

また数年前に、ぎっくり腰になりました。

病院へ行き、大量の湿布を処方してもらいました。

そして腰に湿布を貼り自宅ベッドで横になった数分後に、

ベッドの上で失禁してしまいました。

尿を我慢することが出来ずに、尿が自然に流れ出た感覚です。

これは、はじめての経験で驚きました。

 

それ以来、湿布は日本から輸入しています。

 

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント