給与カットで小遣いもカット、、、、、

マレーシアニュース

ニュース記事:

I’m willing to take pay cut for the people, says Wan Fayhsal

 

出典:

Just a moment...

 

 

記事の超簡単要約:

2022年6月29日マレーシア青年スポーツ副大臣のカマル氏は、

『マレーシア国民は、生活費の上昇で苦しい生活を強いられています。

私は政治家の賃金カットに同意します。

また政治家だけではなく、政府関連企業にも賃金カットを求めます。

10-20%の賃金カットを実施するべきです。』と述べました。

 

この記事に関する大丸の雑感:

私は現在、マレーシアで海外駐在をしています。

マレーシアの政治家が、賃金カットを求める記事をはじめて読みました。

政治家の賃金カットを提唱したカマル氏の爪の垢を煎じて、

他の政治家に飲ませるのは難しいですが、

カマル氏のようなマレーシアの首相になれば、

この国も未来も明るいと思います。

 

まとめ:

人間の『慣れ』とは恐ろしいものです。

 

私の給料は、新型コロナウイルスの影響で劇的に下がりました。

またマレーシア・リンギット安の影響で、

毎朝食べていたオーストラリア産のヨーグルトが、

1カップ、4リンギットから7.8リンギットに爆上がりしたため、

現在は、マレーシア産の無名ブランドのヨーグルトを食べています。

 

しかし賃金が下がっても、

毎朝食べていたヨーグルトのブランドがかわっても、

数日経てば、恐ろしいことに現実を受け入れて、

状況に慣れてしまうのです。

 

先月から子供の習い事が増えたため、

私のお小遣いがカットされることが、

正式に妻から発表されました。

来月、つまり明日(7月1日)のお小遣いの支給日より、

20%カットとなります。

私は、大丈夫です。

数日経てば、現実を受け入れて、状況に慣れてしまうでしょう、、、、

 

 

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント