犯罪を阻止するために警備員が容疑者の車に突っ込む!

マレーシアニュース

ニュース記事:

15 men armed with baseball bats rob computer store in Cheras

 

出典:

Just a moment...

 

記事の超簡単要約:

2022年3月28日マレーシアカジャン地区のハッサン警察署長は、

『武装した15人の男性がコンピューター店を襲撃し

70,000RM(2百万)相当の商品を盗みました。

また当日周辺地区を車で警備していた警備員は、

容疑者の犯罪を阻止するために、

容疑者の車に突っ込み軽症を負いました。

警察は、容疑者を追跡するために捜査を継続しています。』

と述べました。

 

下記は、警備員が容疑者の車に突っ込んだ映像です。

 

 

この記事の大丸の雑感:

私は現在、マレーシアで海外駐在をしています。

記事には15人の武装した男性がコンピューター店を襲撃したとあります。

通常、窃盗犯罪は少数人数で行うのが通例です。

人数が多くなればなるほど、逮捕される確率が高まるからです。

また人数が増えると、収益の分け前も減ってしまいます。

コンピューター店のオーナーと容疑者の間にトラブルが

あったのではないでしょうか?

私が捜査担当の刑事だったら、

まずはこの遺恨の線から捜査します。

 

 

まとめ:

数年前に、クアラルンプール日本人会からミッドバレーの道で

強盗に遭った女性に会いお話を聞きました。

女性は、日本人会会館で用事を済ませ、ミッドバレーへ行く途中に

バイクに乗った二人組みに襲われバックを剥ぎ取られました。

後部座席に乗った男の手には、ナイフが握られていたそうです。

 

ご存知の方も多いと思いますが、

日本人会からミッドバレーの道までには、人通りが少ないので注意が必要です。

しかし最近では、日本人会から通りに出るまでは、

ガードマンが一緒に歩いて付いてきてくれるようです。

 

東南アジアの中では、マレーシアは比較的に安全な国だと

言われていますが、

強盗、窃盗、ひったくりなどの事件記事は、

毎日のようにニュース記事になっています。

他人事とは思わずに、注意が必要ですね。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント