物価急上昇のマレーシア!

マレーシアニュース

ニュース記事:

Government allows frozen chicken import from Dec to Feb next year to alleviate shortages

 

出典:

Just a moment...

 

記事の超簡単要約:

2021年12月4日マレーシア政府のサブリ首相は、

『政府は2021年12月~2022年2月まで、マレーシア国内の鶏肉価格の高騰を

抑えるために、1ヶ月に550万羽の鶏肉の輸入を許可します。

鶏肉価格の高騰の理由は、

経済活動が活発となりホテルやレストランなどで

鶏肉需要が急増したためです。』と述べました。

 

 

この記事に関する大丸の雑感:

ここからは、大丸の雑感です。

私は現在、マレーシアで海外駐在をしています。

マレーシア国内では、新型コロナが発生した後、

食料品の物価が上昇しています。

鶏肉だけではなく、食品油、野菜などマレーシアで生産されている

全ての物の値段が上昇しています。

食料品の値段だけではなく、車の値段も跳ね上がっています!

 

まとめ:

最近、日系企業のお客様と話していると外国人労働者が不足していると

話を頻繁に耳にします。

農業界でも外国人労働者が不足しているので

農作物の供給が減少し、市場の需要を満たせていないのでしょう。

 

先日アメリカで仕事をしている友人が、

今年に入って人件費が高騰していると話していました。

特に飲食業界では、時給を上げないと人を雇うことができず、

レストランのウエイターで、時給22ドル(2,400円)支払っていると話していました。

 

来年は、私の給料も上がるのでしょうか?

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント