海外就職で強制労働を強いられるマレーシア人!

マレーシアニュース

ニュース記事:

200 Malaysians victim of job scams abroad, says Saifuddin

 

出典:

Just a moment...

 

記事の超簡単要約:

2022年9月4日マレーシア政府外務省のアブドラ大臣は、

『約200人のマレーシア人が、

就職詐欺シンジケート詐欺の被害に遭っています。

犠牲者の多くは、ソーシャルメディアによって、海外求人情報を得ています。

就労先は、カンボジア、ラオス、ミャンマー、タイなどで就労しています。

このような求人情報は、高額給料で注意が必要です。

マレーシア政府は9月2日現在、就職詐欺シンジケートより

65人を救出しました。』と述べました。

 

 

この記事に関する大丸の雑感:

私は現在、マレーシアで海外駐在をしています。

犠牲者の方々は、マレーシアから海外へ就職して、

現地で拉致され強制労働を強いられているようです。

怖い、怖すぎますねー。

国内での就職なら、容易に現地視察ができます。

しかし海外就労となると、そうはいきません。

またソーシャルメディアの海外求人情報は、

特に注意が必要ですね。

 

まとめ:

毎日のように私の携帯のメッセージに怪しい求人依頼が届いています。

昨日受け取った求人依頼は、

『簡単なTikTokの編集の仕事で

半日作業で500RMお支払いします。

連絡ください。』

 

半日で500RMは、魅力的ですね。

早速連絡してみます(笑い)!

 

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント