洪水被害2022年2月まで注意が必要!

マレーシアニュース

ニュース記事:

Climate expert warns of heavy rain till February

 

出典:

Just a moment...

 

記事の超簡単要約:

2021年12月20日マレーシア気象学者のダンカン氏は、

『マレーシアの雨季は、来年2月までです。

各地で大雨になる可能性があります。

マレーシア政府は、国民にいち早く危険を知らせるために

警報システムを導入するべきです。

今回の洪水被害で、40,000人以上が避難しました。

また多くの人々は避難が遅れ、貴重品、電化製品、車を失いました。』

と述べました。

 

この記事に関する大丸の雑感:

ここからは、大丸の雑感です。

私は現在、マレーシアで海外駐在をしています。

12月21日(火)は、晴天です。

しかし洪水被害の影響で、未だに多くの道路が封鎖されています。

本日もSmartトンネルも使用することはできませんでした。

ニュース報道によると、今回の洪水被害は、

50年に一回に起こる規模の洪水であると報じられています。

数日後に道路が復旧すれば、詳細な被害状況が明らかになるでしょう。

一部の報道によると、1,000億円以上の被害額となる可能性を指摘しています。

完全復旧には、数カ月を要するでしょう。

 

まとめ:

1日あたりの新型コロナウイルス感染者が減少傾向になった矢先に、

大規模な洪水が発生しました。

あと数カ月間は、制限された生活が強いられそうです。

 

数年前は、制限なく自由に国内外を移動できました。

しかし仕事が忙しい事を理由に、私は家族を旅行に連れて行きませんでした。

コロナ発生後、

あーなんでもっと家族旅行をしなかったのかと後悔しています。

 

2022年は、どのような年になるでしょうか?

新型コロナウイルスは、終息しているでしょうか?

以前のように国内外を制限なく自由に旅行できでるでしょうか?

一日も早く、安心安全で、制限なく自由に生活できる日が

訪れることを祈ります。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント