洪水被害者へ忍び寄る高利貸し業者!

マレーシアニュース

ニュース記事:

Bukit Aman receive info on loan sharks targeting flood victims in Malaysia

 

出典:

Bukit Aman receive info on loan sharks targeting flood victims in Malaysia | Malay Mail
KUALA LUMPUR, Dec 27 — Bukit Aman’s Commercial Crime Investigation Department has received information about unlicensed money lenders approaching flood victims ...

 

記事の超簡単要約:

2021年12月27日マレーシア商業犯罪捜査局は、

『洪水で被災した被害者に、無免許の高利貸し業者が近づいているとの

情報が警察に入っています。

洪水で被害を受けた人々は、無免許の高利貸しからお金を借りないように

注意してください。』と述べました。

 

この記事に関する大丸の雑感:

ここからは、大丸の雑感です。

私は現在、マレーシアで海外駐在をしています。

下記写真のような看板が、街の至るとことに貼り付けてあります。

これは、高利貸し業者の看板広告です。

そういえば、洪水が発生してからこの手の看板が街中で増えた気がします。

それだけ需要があるのでしょう!

 

 

まとめ:

日本のことわざに『貧すれば鈍する』があります。

人はお金に困ると、賢い人でも愚かになるという意味です。

 

ヤミ金から借入をすれば一時的には、しのげるかもしれませんが

ほぼ100%の確率で破産します。

誰もがわかっていることですが、延命措置の為に

ヤミ金からお金を借入れる人が後を絶ちません。

 

私も社会人になりたての頃、

給料日前は、毎月末カード会社からお金をキャッシングしていました。

そして給料日の数日後、カード会社へお金を返済していました。

社会人になって数年間は、カード会社への金利を支払う為に

働いていたと言っても過言ではありません。

 

マレーシアの経済は、新型コロナウイルスの影響で未だに停滞しています。

また先週の洪水で多くの人が、被災しました。

マレーシア政府は、現在の洪水状況を正しく把握して

一日でも早く、洪水被災者へ現金を配るべきです。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント