洪水被害で保険支払額750億円!!

マレーシアニュース

ニュース記事:

Malaysian insurance group estimates flood claims payout at RM3b

 

出典:

Malaysian insurance group estimates flood claims payout at RM3b | Malay Mail
KUALA LUMPUR, Dec 28 ― The General Insurance Association of Malaysia (PIAM) today said it estimates payout from claims as a result of the devastating floods tha...

 

記事の超簡単要約:

2021年12月28日マレーシア総合保険協会は、

『先週マレーシアを襲った洪水被害で、保険会社の支払金額の合計は、

約30億リンギット(約750億円)になる予定です。

洪水被害に遭われた方は、保険証書と必要書類の提出をお願いします。

マレーシア総合保険協会は、保険請求を受領次第、保険金支払いを

迅速に行います。』と述べました。

 

この記事に関する大丸の雑感:

ここからは、大丸の雑感です。

私は現在、マレーシアで海外駐在をしています。

被害に遭った方は、一日早く現金が必要です。

私は、過去マレーシアで交通事故に遭い保険を使用して

保険金請求を行いました。

しかし保険金の支払いは、書類提出から2ケ月後でした。

保険請求は、請求してから入金を受けるまで

かなり時間が掛かります。

マレーシア総合保険協会からのコメント通り、

被災者へ保険金の支払いが早急に行われることを期待します。

 

まとめ:

保険繋がりですが、私は生命保険に加入しています。

保険に加入した理由は、母の一言です。

母は私に、

『保険は、お守りのようなものよ。

保険に加入していると、不思議と病気や事故に遭わないものなのよ。

だから必要最低限の保険には加入しておきなさい。』

 

私は社会人になってから、

知人から外資の保険会社の営業の方を紹介して頂きました。

当時の私は、保険の知識が全くありませんでした。

 

そしてその保険営業マンは、

私に具体的な例を挙げて不安を煽ってきました。

『もしあなたが癌になった場合は、、、、、』

『もしあなたが失明した場合、、、、、、』

『もしあなたが死亡して子供が成人していなかったら、、、、』

当時の私には、どの保険が必要で、不必要か判断することができませんでしたが、

その営業マンに言われるがままに保険に加入しました。

 

この保険に現在も加入しています。

毎年の保険支払額は、母の言っていた『お守り』のような

かわいい額ではありません。

しかしこの年齢まで、事故に遭わず、大病しないのは

『お守り』のお陰かもしれません。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント