東海岸鉄道は2026年に完成予定!

マレーシアニュース

ニュース記事:

ECRL can help address traffic woes during festive season, says transport minister

 

出典:

ECRL can help address traffic woes during festive season, says transport minister | Malay Mail
JOHOR BARU, May 3 — TheEast Coast Rail Link(ECRL)project is expected to solve traffic congestionfaced by road users especially those heading to the east coastdu...

 

記事の超簡単要約:

2022年5月3日マレーシア運輸省のシオン氏は、

『現在マレーシア政府は、東海岸鉄道を建設中です。

このプロジェクトは、2026年に完了します。

このプロジェクトが完了すれば、ハリラヤ祭などの大型連休の際に、

渋滞は解消されるでしょう。』と述べました。

 

この記事に関する大丸の雑感:

私は現在、マレーシアで海外駐在をしています。

マレーシアの東海岸で、巨大国家の東海外鉄道プロジェクトが進行中とは

知りませんでした。

総費用は、502Million MYR(約1.5兆円)です。

この鉄道は、クランタン、トレンガヌ、パハン、セランゴールの4つの州を横断します。

総距離は、なんと665kmです。

鉄道が完成しても渋滞がなくなるとは思いませんが、

交通手段の選択肢が増えることは有り難いことです。

 

 

まとめ:

マレーシアの公共施設を利用していて感じることは、

公共施設が劣化するスピードの早さです。

 

空港、駅、公社など、完成時は綺麗で非常に立派です。

しかし数カ月後には汚れや欠損が目立ちます。

特にプトラジャヤに立ち並ぶ立派な公共施設は、

壁の剥落や破損が目立ちます。

 

これは、マレーシア人の同僚と仕事をしていても感じます。

私のマレーシア人の同僚の多くは、

事務所の共有部分が破損や欠品をしていても誰も指摘しません。

先日も会社の手洗い場の洗剤がなくなっても、

1週間補充する人はいませんでした。

仕方なしに、私が補充しました。

補充した途端に、凄いスピードで洗剤はなくなっていきます。

同僚は、洗剤があれば必ず使用します。

これは毎回の事です。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント