昼食は巨大ケバブ!

マレーシアニュース

ニュース記事:

Tourism Ministry urges public to collaborate with Islamic Tourism Centre to attract international Muslim travelers

 

出典:

Tourism Ministry urges public to collaborate with Islamic Tourism Centre to attract international Muslim travellers
KUCHING, Sept 11 — The Ministry of Tourism, Arts and Culture (Motac) is urging the public to establish partnerships with the Islamic Tourism Centre (ITC) to gen...

 

 

記事の超簡単要約:

2022年9月12日マレーシア政府観光芸術文化省のナンシー大臣は、

『新型コロナウイルス発生前は、

約530百万人のイスラム教徒の観光客が、

毎年マレーシアを訪れていました。

毎年イスラム教徒の観光客から、約5,000億円のお金を得ていました。

以前のように、マレーシア観光業を回復させるために、

マレーシア観光業界は、世界のイスラム教徒に対して

マレーシアの魅力を再発信しなければなりません。』と述べました。

 

まとめ:

昨日の昼休みは、ブキビンタン周辺を散歩しました。

そして昼食は、スンガイワンの前にあるアラブレストランで、

ケバブをテイクアウトしました。

レストランで調理中の肉の量を見て驚きました!

牛肉、鶏肉ともに、大量の肉が串刺しになっていました。

 

観光客が全くいない数ヶ月前は、

串刺し肉の量は、1/10程度でした。

クアラルンプール周辺の観光客は、確実に増えています!

 

観光業は希望の光が見えたのではないでしょうか?

2019年のマレーシア経済統計では、観光業が国内総生産の14%を占めています。

観光業は、ホテル、交通機関、飲食業、レジャー施設など

とても裾野が大きいビジネスです。

マレーシアの観光業が復活すれば、間違いなくマレーシア経済は復活します!

 

ちなみに私が昼食で購入したケバブ(牛肉と鶏肉のミックス)の料金は、

16MYR(480円)でした。

贅沢な昼食とありました。

 

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント