日本製ワクチンが年末にも接種可能!

マレーシアニュース

ニュース記事:

DPM : EMCO in Selangor’s 34 mukim to end at midnight as scheduled

 

出典:

DPM: EMCO in Selangor’s 34 mukim to end at midnight as scheduled | Malay Mail
KUALA LUMPUR, July 16 — The government will officially lift the enhanced movement control order (EMCO) for the 34 affected mukim in Selangor at the stroke of 12...

 

記事の超簡単要約:

2021年7月16日マレーシア政府は、

『セランゴール州で実施されているEMCO(強化運動管理命令)を正式に解除する』

と発表しました。

 

この記事に関する大丸の雑感:

ここからは、大丸の雑感です。

私は現在、マレーシアで海外駐在をしています。

昨日の政府の発表により、セランゴール州内にある生活に必要な業種に認められた工場、

文具店、書店などの操業が可能となります。

 

7月16日の新型コロナウイルスの新規感染者数は、13,215名でした。

未だに感染者数の多い状況ですが、マレーシア政府は規制を緩和しました。

マレーシア政府の予測としては、ワクチン接種が順調に進んでいることから

今後数ヶ月で新規感染者数は、1,000名前後に推移すると予測しています。

 

しかしデルタ株が心配です。

6月26日以降の症例数の急増は、デルタ株の蔓延に起因すると考えられています。

空中に浮遊するデルタ株は、15秒以内に1メートル未満の距離にいる人々の

間で感染する可能性があると言われています。

もはや防ぐことは、不可能なのでしょうか。

 

 

まとめ:

先日、日本の新聞にシオノギ製薬から組換タンパクワクチンが年内にも

接種が可能になる可能性があるとの記事がありました。

塩野義、ワクチン6千万人分供給 年内にも、従来計画の倍(共同通信) - Yahoo!ニュース
 塩野義製薬は7日までに、開発中の新型コロナウイルスワクチンについて、従来計画の2倍となる年最大6千万人分(1億2千万回分)の提供も可能になりそうだと明らかにした。想定の半分程度の投与量で十分な効き

 

そしてKMバイオロジカルから不活化ワクチンが、来年の春ぐらいに接種が可能に

なるようです。

毎年継続的にワクチン接種をしなければならないのであれば、日本製のワクチンを

接種したいと考えるのは、わたしだけでしょうか?

ワクチンの選択肢が増えることは、嬉しいですね!

 

また今年中にアメリカやイギリスの会社から、新型コロナウイルス飲み薬を発売するようです!

 

明るいニュースを見聞きすると、気持ちが明るくなります。

マレーシア国内では、暫くの間は不自由な生活が強いられると思いますが、

希望があるだけで楽しく生きていくことができます。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント