新幹線計画が復活!?

マレーシアニュース

ニュース記事:

Singapore PM Lee says open to discuss revival of HSR project with Malaysia

 

出典:

Singapore PM Lee says open to discuss revival of HSR project with Malaysia | Malay Mail
KUALA LUMPUR, Nov 29 — Singapore Prime Minister Lee Hsien Loong said the republic is open to fresh proposals from Malaysia on the Kuala Lumpur-Singapore High Sp...

 

記事の超簡単要約:

2021年11月29日シンガポール政府のリー・シェンロン首相は、

『シンガポール政府は、マレーシア政府からの新幹線建設計画の新たな提案を

待っています。両政府は、近日中にこの議題について会議を開催する予定です。』

と述べました。

 

この記事に関する大丸の雑感:

ここからは、大丸の雑感です。

私は現在、マレーシアで海外駐在をしています。

シンガポール・マレーシア間の新幹線プロジェクトは、

マレーシア側が新幹線建設計画に合意しなかったため、

2021年1月1日に正式にプロジェクトの計画が中止となりました。

マレーシア政府は、プロジェクト合意の遅延金として

3億1,800万リンギット(800億円)を支払いました。

現在、シンガポール・マレーシア間の新幹線プロジェクトは

全くの白紙状態となっています。

 

まとめ:

マレーシア(クアラルンプール)からシンガポールへ行く一般的な方法としては、

飛行機、バス、車(自分で運転)の3つの方法があります。

各移動手段での所要時間を下記に記載します。(マレーシア→シンガポール)

・飛行機

1時間(街中→空港)+1時間(空港) +1時間(飛行機移動) +1時間(空港→街中)=4時間

 

・バス

0.5時間(街中→バス停)+5時間(バス移動) +0.5時間(イミグレ) =6時間

 

・車

4時間(車移動) +1時間(イミグレ) +0.5時間(イミグレ→街中)=5.5時間

 

飛行機、バス、車のどの交通手段でもマレーシアからシンガポールへの移動時間は、

約半日かかります。

 

・新幹線

0.25時間(街中→駅→イミグレ)+1.5時間(新幹線移動) +0.25時間(イミグレ→街中) =2時間

もしマレーシア(クアラルンプール)からシンガポールが、完成すれば移動時間は、

ぐっと短縮されることが期待されています。

両国の発着駅ですが、街中に建設される予定です。

飛行機のように郊外へ行く必要がありません。

また日本仕様の新幹線が採用されれば、新幹線が遅れることはまずないでしょう。

そして両国のイミグレーションでのパスポート検査も大幅に短縮される予定です。

 

一日早く、この新幹線計画がマレーシアとシンガポールの政府間で合意され、

建設工事が始まることを期待しています!

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント