断食開始! (雑感:マレー料理ナシレマ)

マレーシアニュース

ニュース記事:

PM:Muslims grateful to be able to keep Ramadan spirit alive this year

 

出典:

PM: Muslims grateful to be able to keep Ramadan spirit alive this year | Malay Mail
KUALA LUMPUR, April 12 — Muslims in the country should be grateful that most mosques and surau have been opened gradually for obligatory daily congregational pr...

 

 

記事の超簡単要約:

2021年4月12日マレーシアのムヒディン首相は、

『私達イスラム教徒は、ラマダン月(絶食月)は祝福に満ちた月である。

ラマダン月があることによって、人々がより良い人となれるように学ぶことができる』

4月13日から開始されるラマダン月について述べました。

 

 

この記事に関する大丸の雑感

ここからは、大丸の雑感です。

私は現在、マレーシアで海外駐在をしています。

私は、毎日会社まで車で通勤しています。

私はマレー料理が大好きです!

週に1度は、マレー料理の伝統的な朝ごはん、

『ナシレマ』を道端の屋台で購入し、会社で食べています。

今朝、会社の出勤前に『ナシレマ』を購入しようとしたら、

『ナシレマ』を購入している屋台が休みでした。

 

マレーシアでは本日から、ラマダン月(絶食月)が始まったのです!

このラマダン月の間、朝から夕方まで屋台は閉まっています。

ラマダンとは、イスラム教徒にとって自身の信仰心を高め清める期間です!

このラマダン期間は、多くの欲を捨て、イスラム教の神へ、身を捧げる期間です。

そのためラマダン期間は、日の出から日没まで、飲食、性行為、喫煙が禁止となるのです!

 

 

まとめ:

私は、イスラム教徒ではありませんが、屋台が休みで、

『ナシレマ』を購入できなかったので、昼食までプチ断食となりました。

 

『ナシレマ』とは、

マレー語で、

ナシ→米

レマ→ココナッツミルク

を意味します。

ココナッツミルクで、炊いたごはんを『ナシレマ』といいます。

このナシレマの上に、卵、ビーナッツ、フライドチキン、サンバルソースをかけて、

手で食べるのがマレースタイルです。

 

ご飯をココナッツミルクで炊く?

ピーナッツと一緒に食べる?

を聞くと、まずそうな食べ物だなーと思うかもしれません。

しかーし、一度食べるとヤミツキになります。

またマレーシア各地方、各家庭で、サンバルソースの味が全く違います。

サンバルソースとは、ご飯の上にかける真っ赤なソースです。

サンバルソースの甘辛いのが特徴です。

このソースの中には、大量のチリ、ニンニク、たまねぎ、砂糖が入っています。

このサンバルソースでナシレマの味が決定します。

 

私が勤めている会社の近くに、屋台で『ナシレマ』を販売して夫婦がいます。

私は、この夫婦が販売している『ナシレマ』が大好きです。

この屋台で販売している『ナシレマ』は、甘からず、辛からずの絶妙な味のバランスです!

販売金額は、なんと1個1リンギット(25円)です。

私が駐在した当初は、屋台なので、衛生面など心配していましたが、

現在では、全く気にならなくなりました!

どんどんマレーシア人に近づいていく、自分が時々怖くなります。

 

もし美味しいオススメの『ナシレマ』店があれば、是非教えてください!

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント