小学校社会科見学の酔い思い出、、、、、、

マレーシアニュース

ニュース記事:

New guidelines for school operations to be announced this month

 

出典:

Just a moment...

 

記事の超簡単要約:

2022年4月17日マレーシア政府のジュディン教育大臣は、

『マレーシア教育省は、今月中に新たなガイドラインを発表します。

新型コロナウイルスの影響で開催が許されなかった、

課外活動などの規制を大きく変更する予定です。

教師、生徒、保護者が、新たにSOPを遵守し、

安全に学校活動が再開できることを願っています。』と述べました。

 

この記事に関する大丸の雑感:

私は現在、マレーシアで海外駐在をしています。

この2年間、マレーシアの学生達は、運動会、学芸会、遠足、

修学旅行などの学校イベントを開催することができていません。

マレーシア政府は、今月末に学校運営に関する規制を緩和する予定です。

 

学生時代のイベントの記憶は、

大人になっても大切な思い出となるので、一日早く、

規制が緩和され学校イベントの開催を願います。

 

 

まとめ:

私は、学生時代、勉強の関しての思い出はありませんが、

遠足や修学旅行の思い出は、今でもしっかり脳裏に焼き付いています。

 

私が今でも強烈に記憶に残っている、

小学校4年生の時の社会科見学の思い出について書きます。

 

社会科見学の目的地は、近代的な大型ゴミ処理場でした。

この大型ゴミ処理場へは、観光バスで行きました。

 

社会科見学は、大型ゴミ処理場の施設を見学し、

ゴミ処理場に併設されている温水プールで遊び、

バスで学校まで帰るのが、社会科見学の行程でした。

 

この近代的な大型ゴミ処理場は、ゴミ焼却の予熱を

利用して巨大な温水プール施設がありました。

 

事件は、帰りのバスの中で起こりました。

バス後方座席に座っていた、

田中君が、バスに酔い、

口から汚物をぶちまけたのです。

汚物の匂いは、バス全体に充満しました。

 

田中君の嘔吐は、連鎖反応を起こし、

そしてバスの中にいた生徒40人の半数の20人が、

バスの中で、汚物をぶちまけたのです。

バスのあちらこちらで、嗚咽が聞こえました、、、、、

 

あの時の、バスの中のカオスな状況は、忘れられません。

泣き叫ぶ、吉田さん、、、、、、

汚いから近寄るなと怒鳴る、浅田君、、、、、、

 

今となって、非常に酔い思い出です。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント