小売店廃業寸前!(会社に突然、警察官が来た!)

マレーシアニュース

ニュース記事:

Let us reopen by July or another 50pc of us may shutter forever, retail survivors tell Putrajaya

 

出典:

Let us reopen by July or another 50pc of us may shutter forever, retail survivors tell Putrajaya | Malay Mail
KUALA LUMPUR, June 22 — Amid an extended lockdown, retailers in Malaysia struggling for survival today urged the government to allow them to reopen for business...

 

 

記事の超簡単要約:

2021年6月22日マレーシア小売団体の代表は記者会見で、

完全ロックダウンが7月も延長された場合、約50%の会社が倒産します。

現在、小売会社のビジネスは16ヶ月間不安定な状況にあり、

既にショッピングモール内の店舗は20-30%の小売店が閉鎖しました。

またスタッフの30%は解雇されています。解雇された人数は約30万人です。

ショッピングモールは、新型コロナウイルスの感染源にはなっていません。

7月からの営業再開を強く主張します。』と述べました。

 

 

この記事に関する大丸の雑感:

ここからは、大丸の雑感です。

私は現在、マレーシアで海外駐在をしています。

完全ロックダウンの影響でマレーシア国内のほとんど全てのお店の

シャッターが閉まっています。

 

先週、我家の扇風機が故障してしまったので、

ショッピングモールへ買い物に行きましたが家電売場も閉鎖していました。

仕方なく、オンラインで扇風機を購入しました。

届いた扇風機は、イメージよりもかなり大きく、

また稼働中にかなりの音が気になりました。

やはり家電は、売場で実際に見て購入したいなーと感じた瞬間でした。

 

個人的な意見としては完全ロックダウン前、ショッピングモールの小売店は、

店内の入場規制などを徹底していたので、営業をしても良いと思います。

 

 

まとめ:

私は、現在マレーシアの現地会社に出向しています。

現地会社では、運良く営業ライセンスが取得できたため、

完全ロックダウン中にもかかわらず、出社し仕事をすることができています。

 

昨日、私が事務所で書類作成業務をしていると、

突然4名の警察官が事務所に入ってきました。

警察官は、私達に営業ライセンスの提示を求めした。

そして警察官は会社の業務内容について細かく調書していました。

 

10分ぐらい様々な質問を受けた後に、

警察官の一人が、最後に全員で記念撮影をしようと言い出し

警察官4人と我社スタッフ全員で、謎の記念撮影をしました。

 

マレーシアでお仕事をしている皆さんへ、

警察官は、突然会社にやってきます。

警察は、体温計、消毒液、会社入場記録のQRコード、

出社スタッフの人数、マスクの着用などを重点的に確認していました。

しっかりと準備しておく必要があります!

 

私の父親は、『警察、追徴課税、天災』は前ぶれもなく突然やってくると

教えてくれました。

 

父親の教えの通り、『警察』が突然やって来ましたが、

何事もなくほっとしています!

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント