学生時代に学ぶべき教科は?

マレーシアニュース

ニュース記事:

Review number of subjects to avoid heavy bags, says ex-NUTP chief

 

出典:

Just a moment...

 

記事の超簡単要約:

2022年2月15日マレーシア元教育者連合(NUTP)のラザク会長は、

『マレーシア小学校の生徒達は、マレーシア政府の定める教育課程に従い

多くの教科を学ばなければなりません。

元教育者連合は政府に対し、教科数の削減を提案します。

また生徒達は、多くの教科書を学校に持っていかなければならず

腰痛に苦しんでいます。』と述べました。

 

この記事に大丸の雑感:

ここからは、大丸の雑感です。

私は現在、マレーシアで海外駐在をしています。

今日取り上げた記事を読んでいて、

私が学生時代、なぜ勉強しなければならないのか?

を考えていたことを思い出しました。

学生時代、親や先生に聞いてみても明確な答えは返ってはきませんでした。

 

社会人になってみて、学生時代の勉強が本当に役立っているのか?

と問われると、役立っているとは言い難いです。

小学校、中学校では勉強する教科を選ぶことができません。

もし小学校や中学校の学生時代に、学校で勉強する教科を選択できていたら、

私の人生は変わっていたかもしれません。

 

 

まとめ:

今日は私が個人的に考える

学生時代に、学校教育に取り入れるべき教科について書いていきます。

 

金:

人生はお金が全てありませんが、人生の多くの部分をお金が占めていることも事実です。

お金も儲け方を勉強するのではなく、銀行金利の知識、外貨、株式、国債、保険など

基礎的な知識は、学校の授業で学ぶべきだと考えます。

 

食:

多くの人達は、1日3回食事をします。

毎日3回も食事をしているにもかかわらず、多くの人は食べることの重要性を

軽視しています。

私達は、毎日動物や植物の命を奪って食べることができています。

学校では、にわとりや野菜を育て、数ヶ月に1回は、

育てたにわとりや野菜を、先生と生徒で一緒に食べるべきです。

 

健康:

人生100年時代と言われています。

そこで最も重要になってくるのが健康です。

健康は、体の健康と精神の健康の両方が伴わないと

健康とは言えません。

体の健康の授業では、運動の知識や体に良い食べ物を学び、

心の健康の授業では、精神の安定の保ち方などを学ぶべきです。

 

仕事:

そして最後は、仕事です。

学校を卒業した後に、多くの人は仕事に就きます。

しかし学生時代に、社会人と触れ合う機会が少なく

実際の仕事内容を知ることができません。

学校では、学生が興味のある企業や公社へ仕事の体験ができるように

仕組みを作るべきです。

 

私が10代、20代の時、お金をギャンブル使い果たしカップラーメンを

毎日食べていました。

また運がよく、ギャンブルに勝って小金が入ると、

キャバクラに通っていたのは、ただ単に生きるための知識がなかったからです。

もし私が学生時代に、『金』、『食』、『健康』、『仕事』について学校で学んでいたら、

孫正義になっていたことでしょう!

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント