女性がペナン大橋から転落! (雑感:ペナン島フェリーの魅力)

マレーシアニュース

ニュース記事:

Boy, stops traffic on Penang Bridge for help as father jumps into sea to save mother who fell over

 

出典:

Boy, 10, stops traffic on Penang Bridge for help as father jumps into sea to save mother who fell over | Malay Mail
BUTTERWORTH, April 16 — A 10-year-old boy had to stop vehicles on the Penang Bridge while his father jumped into the sea to save his mother after she had fallen...

 

 

記事の超簡単要約:

2021年4月16日ペナン州消防所の発表によると

『45歳の女性がペナン大橋から転落し、その女性の夫が海に飛び込み、

女性を救助した』と発表しました。

 

またその場にいた子供、10歳の少年は父親が海に飛び込んだ時、ペナン大橋で

助けを求め、ペナン大橋の交通を一時完全に止めました。

 

 

この記事に関する大丸の雑感

ここからは、大丸の雑感です。

私は現在、マレーシアで海外駐在をしています。

今日は、日本のスポーツ新聞の三面記事に書いていそうな記事を発見しました。

 

記事には『夫がペナン大橋の路肩に、バイクを止めた後に、妻がバランスを崩して

ペナン大橋に転落して』と書かれています。

 

しかし記事には、45歳の女性がどのようにペナン大橋から転落したかは、

詳しく書かれていませんでした。

 

バランスを崩しただけで、橋から海に落ちるでしょうか?

不思議です!!

 

その後、妻がペナン大橋へ転落した後、夫は海へ飛び込み、妻を救助しています。

そして、一緒にいた子供の10歳の少年は、両親を助けるために、ペナン大橋の車両を止めて、救助を求めたそうです。まるで、映画のようなワンシーンです!

 

なにわともあれ、妻、夫、子供の三人は、無事だったそうです。

無事でなによりです。

 

 

まとめ:

今回女性が転落した『ペナン大橋』ですが、全長はなんと13.5kmです。

この橋は、マレー半島とペナン島を繋いでいます。

 

マレー半島とペナン島を行き来する場合、ペアン大橋を車で渡るのが通例です。

しかしフェリーでマレー半島とペナン島を行き来することも可能です!

このフェリーは、観光客船ではなく、2階建ての貨物車両渡船です。

またこのフェリーは、車、バイク、徒歩での利用が可能です。

フェリーは毎30分前後間隔で出港しています。

フェリーまでの乗船時間+移動時間+下船時間を合計すると

1時間前後の時間を要します。

もし時間に余裕がなければ、ペアン大橋を車で渡ることをおすすめします。

またフェリーは若干揺れますので、乗り物酔いがひどい方にはおすすめしません。

 

フェリーとペナン大橋の比較:

 フェリーペナン大橋
金額7.7RM5.6RM
所要時間60分10分
旅行気分
景色を見る

フェリーは、観光客船ではありませんが、観光気分を味わうことができます。

またトイレや売店は完備されています。

フェリー乗り場は、マレー半島側とペアン島側に二箇所あります。

この2つのフェリー乗り場は、1894年に開業しました。

また現在は、6隻のフェリーが毎日乗客を運び活躍しています。

この6隻のフェリーの製造年を調べたところ、

2隻 → 1975年製

2隻 → 1981年製

2隻 → 2002年製

フェリーって結構な期間、使用することができるのですね!

ちなみに1隻のフェリーで、乗用車を約45台運ぶことができます。

 

マレーシアでは、現在条件付き移動制限下にあるので、州超えての旅行ができません。

私達家族は、旅行ができるようになったら、食べ物が美味しく、観光スポットが豊富な、

ペナン島への旅行を考えています!

 

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント