大晦日のイベントが中止!

マレーシアニュース

ニュース記事:

New Year’s Eve celebration at Dataran Merdeka cancelled

 

 

出典:

Just a moment...

 

 

記事の超簡単要約:

2022年12月21日アンワル首相は、

『毎年12月31日はダタラン・メルデカで、

大晦日祝賀会のイベントを開催していましたが、

洪水や地すべり災害などで苦しんでいる人々を考慮し、

イベントの開催を中止します。』と述べました。

 

 

まとめ:

我が家の毎年の大晦日は、普段の日と全く変わりません。

どこかへ行くわけでもなく、なにか特別な食べ物を食べる事もありません。

 

昨年までは、NHKの紅白歌合戦を見ていました。

しかし今年のはじめにテレビが壊れてしまいました。

今年はNHKの紅白歌合戦を見ることができません。

ちなみに壊れたテレビは、リビングに放置されたままになっています。

来年の目標の一つは、

『壊れたテレビを修理する』です。

 

マレーシアの大晦日の風物詩と言えば、

深夜までに鳴り続ける、花火です。

マレーシア生活の新年の朝は、

毎年決まって寝不足状態でのスタートです。

 

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント