多くの企業の長期借入返済が滞っている、、、、、

マレーシアニュース

ニュース記事:

Ministry discusses with banks to assist entrepreneurs affected by Covid

 

出典:

Ministry discusses with banks to assist entrepreneurs affected by Covid | Malay Mail
SEPANG, April 2 — The Entrepreneur Development and Cooperatives Ministry has held discussions with Bank Rakyat and Maybank on the process of restructuring the l...

 

記事の超簡単要約:

2022年4月2日マレーシア政府のオマール大臣は、

『2020年新型コロナウイルス発生以降、

銀行は企業に対し借入金返済の支払い猶予を与えました。

しかし多くの企業のビジネスは停滞したままで、

現在でも借入金の返済ができていません。

現在、マレーシア政府は新たな支払い猶予策を検討しています。』

と述べました。

 

この記事に関して大丸の雑感:

私は現在、マレーシアで海外駐在をしています。

通常、企業が借入金の返済をするためには、

税前利益 ➖ 税金=残金(借入金の返済に充てることができるお金)

となります。

つまり通常商売で、利益を残さなければ借入金の返済ができないのです。

 

 

まとめ:

私はマレーシアのCIMB銀行で少額ですが、定期預金をしています。

預け入れ期間は5年間で、現在の利息は年利3.7%です。

日本では、考えられない利息の高さです。

しかしこの利息3.7%を受け取ることができているのも、

多くの企業が銀行から借入をして、支払い利息を銀行へ支払っているからです。

 

インターネットで調べると、

通常マレーシア国内で銀行借入をすると、

支払い利息は、4~8%前後が相場のようです。

 

でも借入利息8%で、凄い利率ですね。

借入利息8%で借入れて、返済が可能な商売って、一体どのような商売でしょうか?

知りたいです、、、、、、

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント