外国人労働者からピンハネするマレーシア人!

マレーシアニュース

ニュース記事:

Labour shortage my top priority, says new HR minister Sivakumar

 

出典:

Labour shortage my top priority, says new HR minister Sivakumar
KUALA LUMPUR, Dec 12 — Fixing Malaysia’s manpower supply through the hiring of foreign workers is top on Human Resources Minister V. Sivakumar's list of things ...

 

記事の超簡単要約:

2022年12月12日マレーシア政府のクマール人事大臣は、

『マレーシア政府は、外国人労働者不足の問題に対して承認手続きを迅速に進めています。

12月初旬75,751の申請件数に対して、67,958件の承認済です。

特にプランテーション部門では外国人労働者が解消されるでしょう。』

と述べました。

 

 

まとめ:

マレーシア市内のレストラン、小売店員、建設現場作業員などの

労働者の多くは外国人労働者です。

外国人労働者がいなければ、マレーシア経済は成り立たないでしょう。

 

先日、私が住んでいるコンドミニアムのキッチンの流しの水が

流れなくなってしまったので、業者に電話をしました。

電話先の業者の男性は、流暢な英語を話し、

私は業者に修理費用は400MYRだと言われました。

 

数時間後に自宅に来たのは、2名のバングラデッシュ人です。

2名のバングラデッシュ人だけが、私の自宅に来たので、

私は電話で話をした男性の下請け業者が来たのだと、

直感で分かりました。

 

修理中、私はバングラデッシュ人と雑談をしながら、

『この修理の報酬はいくらですか?』と聞くと、

彼は、『80MYRです』と答えました!

私と修理業者の契約金額は400MYR!

私が電話をした業者は、320MRもピンパネしていたのです!

 

私の事例と同じように、マレーシアで働いている多くの外国人労働者も、

間違いなくマレーシア人に搾取されているのでしょう。

 

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント