塩野義製薬の経口薬、製造販売承認は見送り、、、、、、

マレーシアニュース

ニュース記事:

New Covid-19 wave will be earlier than expected, warns Khairy

 

出典:

Just a moment...

 

記事の超簡単要約:

2022年6月23日マレーシア保健省のカイリー大臣は、

『マレーシア国内の新型コロナウイルス感染者が増えています。

6月22日の新規感染者数は、2,000名を超えました。

今後2~3ヶ月以内に新しい感染者の波が発生すると予測します。

コロナウイルスとの戦いは、まだ終わっていません。』

と述べました。

 

この記事に関する大丸の雑感:

私は現在、マレーシアで海外駐在をしています。

マレーシアの隣の国、シンガポールでも感染者数が増えています。

シンガポールでは6月22日の新規感染者数は、5,000名を超えました。

人の移動が活発になると、感染者が増えることは

仕方がないのかもしれません。

 

まとめ:

世界的にワクチン接種が完了しましたが、

未だに新型コロナウイルスの感染を抑えることはできていません。

 

やはり経口薬が必要です。

日本の製薬会社、塩野義製薬が開発したゾコーバの製造販売承認をしましたが、

政府分科会は、6月22日に承認を見送りました。

塩野義製薬のコロナ薬ゾコーバ、緊急承認の結論は先送り
 厚生労働省は2022年6月22日、薬事・食品衛生審議会医薬品第二部会を開催。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)を対象に塩野義製薬が承認申請中の経口抗ウイルス薬「ゾコーバ錠」(エンシトレルビル)について、製造販売承認の可否などを審議した。審議の結果、「本日の議論を踏まえ、さらに慎重に議論を重ねる必要がある」と...

政府分科会は承認にあたり、ゾコーバは有効性、安全性の面で

要件を満たしていないとの判断を下しました。

 

海外製の経口薬が、安易に承認されて、

なぜ日本性の経口薬が否認されるのかなー

と考えるのは私だけでしょうか?

 

私のような、一般サラリーマンができることは、

安全な日常生活が日々過ごすことができるように

祈ることぐらいです。

 

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント