国境開放!航空業は積極採用!

マレーシアニュース

ニュース記事:

Tourism associations welcome Malaysia’s border reopening by government

 

出典:

Tourism associations welcome Malaysia’s border reopening by government | Malay Mail
KUALA LUMPUR, March 8 — The tourism sector can now breathe a sigh of relief after the announcement by Prime Minister Datuk Seri Ismail Sabri Yaakob today that t...

 

 

記事の超簡単要約:

2022年3月8日マレーシア旅行代理店協会のハルン会長は、

『本日マレーシア政府のサブリ首相は、4月1日から国境を再開すると

発表しました。

我々観光業界は、ようやく安心して仕事に集中することができます。

国境開放までに、協会は、積極的に国内外に

マレーシア旅行のプロモーションを発信していく予定です。』と述べました。

 

 

この記事に大丸の雑感:

ここからは、大丸の雑感です。

私は現在、マレーシアで海外駐在をしています。

マレーシア政府のサブリ首相は、4月1日に国境を再開すると発表しました。

ワクチンを接種していれば、隔離なしで入出国することができます。

しかしマレーシア入国前のPCR検査は必要となります。

ワクチンを接種していない人の入国手続きは、近日中に保健省から

詳細が発表される予定です。

 

 

まとめ:

今回のサブリ首相の国境再開の発表で、

観光業は希望の光が見えたのではないでしょうか?

2019年のマレーシア経済統計では、観光業が国内総生産の14%を占めています。

観光業は、ホテル、交通機関、飲食業、レジャー施設など

とても裾野が大きいビジネスです。

マレーシアの観光業が復活すれば、間違いなくマレーシア経済は

活性化します!

 

先日、人材派遣会社で働いている方と面談する機会がありました。

その方曰く、マレーシアの大手航空会社では、

先月から採用活動を積極的にしていると話していました。

航空会社は、国境開放で空港職員が必要となるので、

国境開放に向けて職員を仕込んでいます。

 

4月1日以降、エンデミックに向かって

『人、金、物』が一斉に動き出すかもしれませんね。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント