反則金80%オフ支払キャンペーンは12月15日まで

マレーシアニュース

ニュース記事:

JPJ extends 80% discount offer for summonses until Dec 15

 

出典:

Just a moment...

 

記事の超簡単要約:

2021年12月11日マレーシア交通局は、

『マレーシア交通局は、反則金割引80%オフ支払キャンペーンを

12月9日~12日までとしていましたが、12月15日に延長します。

反則金の支払いは、マレーシア交通局事務所、またインターネットでも

支払うことが可能です。』と延べました。

 

 

この記事に関する大丸の雑感:

ここからは、大丸の雑感です。

私は現在、マレーシアで海外駐在をしています。

交通違反の反則金が割引になるには驚きです!

割引率は、驚愕の80%オフです。

またこの反則金支払い期間が、延長になるとは、、、、

ダブルで驚きです!

流石、マレーシアです!

 

まとめ:

私は過去、日本で60km以上のスピード違反をしてしまい

警察からハガキで違反通知を受け取りました。

ハガキを受け取った後に、

指定された警察署へ出頭し、

オービスの写真を見せられ、

自分の写真であることを認めると、

簡易裁判所へ出頭するように求められました。

 

そして簡易裁判所へ行くと、違反者が集まっていました。

そこでは、違反者が5人のグループに分けられて

裁判官を前に、違反者5人が並ばされました。

そして裁判官は、順番に違反者の私達へ罪状を読み上げました。

 

裁判官は、違反者Aさんへ

『〇〇さん、平成〇〇年〇〇月〇〇日、〇〇付近で

飲酒運転をして器物を破損したことを認めますね。』

違反者Aさん

『はい認めます。』

 

裁判官は、違反者Bさんへ

『〇〇さん、平成〇〇年〇〇月〇〇日、〇〇付近で

無免許運転をしたことを認めますね。』

違反者Bさん

『はい認めます。』

 

そして私の順番となり、裁判官は、

『あなたは、平成〇〇年〇〇月〇〇日、〇〇付近の

一般道で60Kmにスピード違反をしたことを認めますね。』

私、

『はい認めます。』

 

このように、私が呼び出された簡易裁判所では、

他の違反者と一緒に簡易裁判が行われたことに驚きました。

 

そして簡易裁判では、驚いたことがもう1つあります。

違反者は違反内容を認めた後に、

簡易裁判所で反則金を支払う必要があります。

その支払いカウンターの横に、数社銀行のATMが用意されていたのです。

流石、用意周到な日本人です。

私達は、ATMで出金して反則金を支払い自由の身となりました!

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント