参院選立候補者の最高齢者は89歳!

マレーシアニュース

ニュース記事:

Oldest election candidate Tok Mun dies at 103

 

出典:

Just a moment...

 

記事の超簡単要約:

2022年7月3日記事によると、

『マレーシアトレンガヌ議会の最年長候補者の

ユソフ氏が、2022年7月3日に103歳で亡くなりました。

ユソフ氏は、2008年選挙で、

89歳で選挙に勝利しました。』

 

この記事に関する大丸の雑感:

私は現在、マレーシアで海外駐在をしています。

日本でも参院選挙活動が真最中です。

参院選立候補者の平均年齢は、51.7歳です。

世界的に平均寿命が伸びているので、

政治家や立候補者の平均年齢が高齢になっているのは、

自然の流れでしょう。

 

ちなみに立候補者の中の最高齢者は、斎藤和干さんは89歳です。

マレーシアのユソフ氏も89歳で選挙に勝利しています。

斎藤和干さんにも、当選の可能性はあります。

斎藤和干さんは、『ごぼうの党』から出馬しています。

 

 

まとめ:

参院選挙の選挙演説や討論をニュースで見ていて、

大勢の人前で自分の意見を堂々と発言できる立候補者の方々を尊敬します。

 

選挙に当選すれば、国会議員となり人から『先生』と呼ばれる人になりますが、

落選すれば、肩書のないただの人です。

この人生を賭けた選挙に出馬する全ての立候補者を尊敬します。

 

立候補者の方々は、悔いのないように残り1週間を戦い抜いて欲しいです。

選挙結果が楽しみです!

 

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント