今後原油高騰で不動産価格も上昇する!?

マレーシアニュース

ニュース記事:

Rehda : Six to 24 months for Malaysia’s property market to fully recover post-pandemic

 

出典:

Rehda: Six to 24 months for Malaysia’s property market to fully recover post-pandemic | Malay Mail
KUALA LUMPUR, Oct 21 — Housing developers revealed today that it could take anywhere from half a year to two years for the Malaysian property market to fully re...

 

記事の超簡単要約:

2021年10月21日マレーシア不動産住宅開発社協会のチェン会長は、

『マレーシア不動産業界が新型コロナウイルスの影響から

完全に回復するまでに6ヶ月~24ヶ月の時間が掛かる可能性があります。

また現在石油価格、建設資材価格の値段が急上昇しています。

この状況が続けば、不動産販売価格に転嫁せざるを得ません。

現在最も売れている不動産の販売価格は、

250,001(6百万円)~500,000RM(12百万円)の価格帯の物件です。』

 

 

この記事に関する大丸の雑感:

ここからは、大丸の雑感です。

私は現在、マレーシアで海外駐在をしています。

記事によると、昨年、今年マレーシアの不動産販売は、厳しい状況にあります。

 

新型コロナウイルスの影響で、不安定な経済状況の中

多くの人の収入が減りました。

また仕事を失った人もいるでしょう。

不動産の購入どころでは、ないですよね。

でもお金を持っている人にとっては、今が絶好の買い時なのかもしれません。

 

 

まとめ:

原油の価格が高騰しています。

2020年3月10日の1バレルあたりの金額は24USDでした。

2021年10月17日の1バレルあたりの金額はなんと83USDです。

僅か1年半で、3.5倍の価格になっています。

原油は、ほぼ全ての経済活動で使用される消費財です。

原油価格が上昇すれば、物の値段は必然的に上がります。

 

2012年3月には、原油価格は1バレルあたり120ドルの高値を

記録しています。

今後も原油価格は上昇を続けるのでしょうか?

先物取引でも始めようかなーと考えています。

無知の私が先物取引を始めたら破産まっしぐらですね!

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント