公務員21百万円の賄賂を受け取り逮捕!

マレーシアニュース

ニュース記事:

Senior official, retiree held over RM700,000 bribes

 

出典:

Just a moment...

 

 

記事の超簡単要約:

2022年5月18日マレーシア賄賂防止委員会(MACC)は、

『パーム油企業から700,000RM(約21百万円)の賄賂を受け取った

政府高官を逮捕しました。

政府高官は、賄賂の見返りとして

売上と利益の報告を財務省へ義務化されているにもかかわらず、

報告をしなくてもよいように便宜を計っていました。』と述べました。

 

この記事に関する大丸の雑感:

私は現在、マレーシアで海外駐在をしています。

賄賂を受け取った政府高官は、逮捕されて当然です。

しかし売上と利益を報告しなかったパーム油企業は、

どのくらいの金額を脱税することに成功していたのでしょうか?

またパーム油企業の役員や社員は、刑事罰はないでしょうか。

黒幕は、政府高官よりパーム油企業ではないでしょうか?

パーム油企業は間違いなく、21百万円以上のお金を脱税しているでしょう!

 

まとめ:

マレーシアのニュースを見ていると

毎日のように公務員が賄賂で逮捕されています。

これは私の推測ですが、逮捕されている公務員は氷山の一角なので、

相当額の金額が公務員の袖の下に流れ落ちているはずです。

 

過去、私の尊敬する上司が仕事についてアドバイスをしてくれました。

それは、『買い手よし、売り手よし、世間よし』です。

商売は、『三方よし』でないと、長続きしないと教えてくれました。

この上司は、数年前に定年を迎え退職しましたが、

今でも仕事の判断に迷った時は、

上司の言葉を思い出します。

 

マレーシアの公務員の方々も『三方よし』の精神を学べば、

賄賂が減るかもしれませんね。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント