保健省は予防と早期治療のためにイベルメクチンの治験を行う可能性がある!

マレーシアニュース

ニュース記事:

KKM mungkin uji Ivermectin untuk pencegahan, rawatan awal Covid-19

 

出典:

Just a moment...

 

記事の超簡単要約:

2021年11月3日マレーシア保健局のアブドラ局長は、

『新型コロナウイルスの重度の感染者にイベルメクチンを投与した結果、

標準の治療薬と比較して死亡数の減少に繋がるか確認できませんでした。

現在の保険局のガイドラインでは、新型コロナウイルスの治療薬として、

販売を推奨しません。』と述べました。

 

2021年11月7日マレーシア臨床研究所のペアリアサミー所長は、

『イベルメクチンは、新型コロナウイルス感染症の予防薬、

早期治療に対して有効である可能性がある。』と述べました。

 

この記事に関する大丸の雑感:

ここからは、大丸の雑感です。

私は現在、マレーシアで海外駐在をしています。

今回取り上げた記事は、マレー語だったので同僚に訳してもらいました。

記事には、『治験を行う』とは書いていないので、

実際にマレーシア保健局が治験を行うかどうかはわかりません。

しかし多くのイベルメクチン関連記事を読み漁ると、

イベルメクチンが新型コロナウイルス感染症に対して

早期治療や予防薬としてある程度の効果があることは間違いなさそうです。

また多くの医師もその事実に気がついているような感じがします。

 

まとめ:

今回のマレーシア臨床研究所のペアリアサミー所長の発言は、

勇気のある行動だと思います。

 

ペアリアサミー所長のような方が、マレーシアにいることに希望が持てました。

新型コロナウイルスが、一日も早く終息することを祈ります。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント