不遇な人へ広がる支援!

マレーシアニュース

ニュース記事:

DPM tells Health Ministry to identify children who need aid after losing parents to covid-19

出典:

DPM tells Health Ministry to identify children who need aid after losing parents to Covid-19 | Malay Mail
RAWANG, July 22 — The Health Ministry has been asked to compile a list of children who lost one or both of their parents to Covid-19 so that aid can be extended...

 

記事の超簡単要約:

2021年7月22日マレーシア保健省のヤコブ副大臣は、

新型コロナウイルスで両親を亡くした8人兄弟を訪ねた後、

記者会見で発言しました。

『マレーシア政府は、新型コロナウイルスで両親もしくは片親を亡くした

家族のリストアップをします。

そして残された子供たちが、今後も学校教育が継続できるように

援助を行います。』と述べました。

 

この記事に関する大丸の雑感:

ここからは、大丸の雑感です。

私は現在、マレーシアで海外駐在をしています。

ロックダウンが続くマレーシアでは、生活が困窮する人達が支援を求めて、

家の外に白い旗を掲げる運動が広がっています。

また多くのガソリンスタンドでは、食料品を誰でも

無料で手に入れることができる棚が設置してあります。

経済的に余裕がある人は、その棚へ食料品を置き、

経済的に余裕がない人は、その棚から食料品を取ることができます。

 

今回政府は、新型コロナウイルスで両親もしくは片親を亡くした家族の

援助を行うと発表しました。

この助け合いの精神があれば、マレーシアは新型コロナウイルスの苦境を

乗り越えることができると思います!

 

まとめ:

新型コロナウイルスで厳しい生活環境にある人達に、支援の手が差し伸べられることは

素晴らしいことです。

 

私は東京生まれ、東京育ちです。

幼少時から、都会で生活し、ご近所さんとは希薄な関係でした。

 

大学に入学して、島出身のO君に出会いました。

O君は、島生まれの島育ちで、島の人口は300人前後と話していました。

O君の話によると、

島の中では、自転車、バイク、車が交通手段として使われていますが、

小さいときから、一度も交通事故を見たことがないと話していました。

理由は、島の人達は、ご近所さんを自分の家族ように考えているので、

事故が起きないように慎重に、交通ルールを守っているそうです。

 

しかしO君は、都会の大学に来て、私に都会は事故が多いし、

人間関係が希薄だと話していました。

都会で生活していると人間不信になるとも話していました。

人口が増えると、人間関係は希薄となり、ご近所さんや他人の関心は薄れ、

自分以外はどうでもいいと思うようになるのではないでしょうか。

 

しかしマレーシアの首都圏は、人口も多く大都会ですが、

白旗活動や、フードシェアなどの運動が盛んになっています。

助け合いの精神を失くしてはいません。

 

私はご近所さんや、同僚からは、毎日のように食べ物を貰っています。

私は、洋服をあまりもっていないので、

ほぼ毎日同じTシャツを着用しています。

もしかしたら、ご近所さんや、同僚からは、

支援が必要な人だと思われているかもしれません!

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント