ワクチン無許可販売で逮捕!

マレーシアニュース

ニュース記事:

KL police arrest three for selling Covid-19 vaccines

 

出典:

KL police arrest three for selling Covid-19 vaccines | Malay Mail
KUALA LUMPUR, June 24 — Three people were arrested in a raid yesterday for selling Covid-19 vaccines without authorisation. Kuala Lumpur Police Chief Commission...

 

 

記事の超簡単要約:

2021年6月24日マレーシアクアラルンプール警察長官のカシム氏は記者会見で

『許可なしに新型コロナウイルスのワクチンを販売していた3名を逮捕した』

発表しました。

 

またカシム氏は記者会見で

『逮捕された3人は、SNSでワクチン接種希望者を探し、

ワクチンを接種後に報酬として420RM(約11,000円)を受け取っていた』と

述べました。

 

 

この記事に関する大丸の雑感:

ここからは、大丸の雑感です。

私は現在、マレーシアで海外駐在をしています。

新聞記事には、

どこでワクチンを仕入れたのか?

どこでワクチンを接種したのか?

ワクチンは適温で冷蔵保存されていたのか?

逮捕された3人は医療従者なのか?

何人にワクチンを接種したのか?

などの詳細な記載はありませんでした。

 

SNSで通知を受け取って、ワクチン接種をした人がいることに

私は驚きました。今後、ワクチンの関する犯罪や詐欺は増えそうですね!

 

 

まとめ:

現在マレーシアでは、私達外国人でもワクチンを無料で接種することが可能です。

しかしワクチンの種類や接種場所は選ぶことはできません。

ワクチンの接種を希望する場合、まず専用のアプリケーションで登録を行い、

その後ワクチン接種日時と場所が、送付される流れとなっています。

 

マレーシア国内で接種できるワクチンは、

Pfizer, AstraZeneca, CoronaVac, CanSino, Sputnik V, COvaxの6種類です。

 

私の周りにいる同僚や知人は、先月から今月にかけてワクチンを接種しています。

クアラルンプール周辺の接種されているワクチンは、

Pfizer, AstraZeneca, CoronaVacの三種類が大半のようです。

 

知人の情報によると、7月から民間病院でもワクチン接種が可能になるようです。

もし民間病院でワクチン接種が可能になれば、ワクチンの種類や接種場所を選べるので

ワクチン接種は加速するでしょう。

しかし民間病院なので、有料となることは間違いありません。

 

1日も早く、新型コロナウイルスが終息することを祈ります!

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント