ワクチン接種率90%以下の高校は分散登校のみ許可!

マレーシアニュース

ニュース記事:

Back to school for all secondary students

出典:

Just a moment...

 

記事の超簡単要約:

2021年12月31日マレーシア教育省は、

『新型コロナウイルスのワクチンを接種した生徒数が90%を越えている

高校は通常通り授業を再開することができます。

ワクチンを接種した生徒数が90%未満の学校は、生徒を半分だけ通学させる

交代制登校を許可します。

また生徒数が300人未満の私立学校や駐在員学校は、

ワクチン接種人数に関わらず、通常通り授業を再開することができます。』

と述べました。

 

この記事に関する大丸の雑感:

ここからは、大丸の雑感です。

私は現在、マレーシアで海外駐在をしています。

記事によると、

『教育省は毎週ワクチンを接種した生徒数が90%未満の学校の

リストを公表する』と書いてあります。

こんなことをしたら、学校内でワクチンを接種していない生徒が標的となり

『おまえがワクチンを接種していないから学校が通常通り

再開しないんだぞー』と言うようないじめや差別が起きないでしょうか?

 

まとめ:

新型コロナウイルス問題は、2022年も暫く続きそうです。

しかし私は2022年に新型コロナウイルスが終息すると信じています。

それは、経口薬が市中に流通する可能性があるからです。

2022年は、新型コロナウイルスの経口薬元年となります。

今、期待されているのが下記3つの経口薬です。

メルク社:モルヌピラビル

塩野義製薬:S-217622

ファイザー:パクスロビド

 

メルク社の開発したモルヌピラビルについては、

マレーシア政府は、メルク社と15万回分の新薬購入の契約を締結しています。

2022年の2月前後にマレーシア国内に入ってくる予定です。

また日本では、早ければ来週から医療現場への配布が始まります。

モルヌピラビルが、効果がある経口薬と証明されれば、

世界中にモルヌピラビルが処方され、

新型コロナウイルス患者が激減するかもしれません!

新年早々、新型コロナウイルス終息の期待が高まります!

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント