ワクチン接種アプリ未登録者の28%はワクチン接種を希望しない

マレーシアニュース

ニュース記事:

Covid-19 survey on Malaysians yet to register for vaccination :

72pc will do so in future, 28pc won’t at all

 

出典:

Covid-19 survey on Malaysians yet to register for vaccination: 72pc will do so in future, 28pc won’t at all | Malay Mail
KUALA LUMPUR, April 30 — For Malaysians who have not signed up for Covid-19 vaccination, a survey has shown half of such respondents saying they plan to eventua...

 

 

記事の超簡単要約:

2021年4月29日マレーシアの市場調査会社Vase.Ai社によると、

『マレーシア人のワクチン接種登録をしていない人の

28%は摂取登録する予定はなく、72%の人は1年以内に登録予定』の調査結果を

発表しました。

 

注:

マレーシアでのワクチンを接種するには、まず専用のホームページや

携帯アプリから接種希望登録を行う必要があります。

接種希望登録後、接種場所や日時の詳細を受け取り、ワクチン接種となります。

 

 

この記事に関する大丸の雑感

ここからは、大丸の雑感です。

私は現在、マレーシアで海外駐在をしています。

マレーシアでは、マレーシア人、外国人問わず、ワクチン接種希望者であれば、

ワクチン接種登録を行い、その後ワクチンを無料で接種することができます。

 

マレーシアの人口は約32百万です。

新聞記事によると、マレーシア人の約9.3百万人がワクチン接種登録を完了しています。

また約0.9百万人が、1回目のワクチン摂取をしています。

 

マレーシア人口の約30%がワクチン接種登録を完了

マレーシア人口の約3%が1回目のワクチン摂取完了

しています。

 

また記事では、

ドイツ銀行のアジアチーフエコノミストのマイケル・スペンサー氏によると

『集団免疫を獲得するためには人口の70%のワクチン接種をする必要がある』

述べています。

 

 

まとめ:

マレーシアでは、2021年2月24日よりワクチン接種が開始となりました。

ワクチン接種の第1号は、ムヒディン首相です。

 

マレーシアの人口は約32百万人

集団免疫獲得するための必要人口数は、約22百万人

現在のワクチン接種登録は、約9.3百万人

1年以内に接種登録予定する人数:約16百万人

ワクチン接種登録9.3百万人+登録予定16百万人=25.3百万人

約22百万人<25.3百万人

 

現状ワクチン登録者と1年以内に登録予定する人数を合わせると、

マレーシア人口の70%以上となるので、

マレーシアでは、集団免疫を獲得する可能です。

 

後はどのくらいのスピードで、ワクチンを摂取できるか焦点となります。

ワクチン接種が開始となり約2ヶ月が経ちました。

約2ヶ月間のワクチン接種の進捗状況は、約900,000人です。

900,000人÷2ヶ月で、1ヶ月あたり450,000人と仮定します。

今後、マレーシア国内で1ヶ月あたり450,000人へワクチンを接種すると

集団免疫獲得するための人数の22,000,000人に到達するには、

なんと49ヶ月後となります。

22,000,000人÷450,000人=48.8888ヶ月

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

49ヶ月後となると、、、、、、、、、、

マレーシア国内で集団免疫を獲得できる時期は、2025年3月です!

 

ワクチン接種のスピードは、早まることが期待されています。

しかしどのくらい接種のスピードが改善されるのかは、未知数です。

 

新型コロナウイルスとの戦いは、長期戦となること間違いなしですね!

4年後かー、長いですねー。

大学に入学したら、卒業できる期間ですね!

 

タイのプーケットに旅行に行きたいなーと思う

今日このごろです。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント