ロリポップタイプのセルフキット!

マレーシアニュース

ニュース記事:

Living with Covid-19 in Malaysia : Experts say time to accept new way of life, virus eradication still long way to go

 

出典:

Living with Covid-19 in Malaysia: Experts say time to accept new way of life, virus eradication still long way to go | Malay Mail
KUALA LUMPUR, Feb 18 — As Malaysians ride the current Omicron wave, the possibility that we will have to live with Covid-19 as virus mutations continue is becom...

 

記事の超簡単要約:

2022年2月18日マレーシア医療雑誌の編集長のケアン博士は、

『新型コロナウイルスは完全な根絶が難しく、ウイルスと共に生きることが必要です。

したがって政府は、マスクの着用や一部の公衆衛生対策を緩和すべきではありません。

今後、重要になる指標はICUの使用率です。

昨年8月の1日あたりの新規感染者数は22,000人だった時、

962人の患者がICUにおり、その内470人が補助呼吸器を使用していました。

しかし2月15日の1日あたりの新規感染者数は22,213人で、

194人の患者がICUにおり、その内120人が補助呼吸器を使用していました。

また今後マレーシアではセルフキットの使用が重要になってきます。

地域のイベントや人の集まる場所に参加する時は、

セルフキット使用すれば感染拡散を防ぐことができます。

私達の自助努力で一般的な生活に近い生活を送ることができます。』

と述べました。

 

この記事に大丸の雑感:

ここからは、大丸の雑感です。

私は現在、マレーシアで海外駐在をしています。

先日、薬局でセルフキットを購入しようとしたら、

セルフキットの種類の多さに驚きました。

ロリポップのように舐めるタイプのセルフキットも

販売していました。

選択肢が増えることは良いことです!

 

まとめ:

マレーシアでは、ワクチン接種が実施されてから約1年が経過しました。

この1年間、新規感染者は増減を繰り返しています。

しかしワクチン接種が広まり、

新型コロナウイルスに関する知識も増えたので

ウイルスと共に生きる生活スタイルが定着してきました。

記事でも取り上げたように、セルフキットを積極的に活用すれば、

ウイルスを早期に発見できるので、新規感染者を増やすことはありません。

 

フィンランドや多くの国々では、コンドームが無料配布されているように

セルフキットも無料配布される日も近いのではないでしょうか?

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント