ロックダウン中の破産者数!

マレーシアニュース

ニュース記事:

PM : 10,317 individuals declared bankrupt during MCO period

 

出典:

PM: 10,317 individuals declared bankrupt during MCO period | Malay Mail
KUALA LUMPUR, Sept 28 — A total of 10,317 individuals have been declared bankrupt throughout the movement control order (MCO) period between March 2020 and July...

 

記事の超簡単要約:

2021年9月27日マレーシアのサブリ首相は、

マレーシア破産局の資料を引用して下記発表を行いました。

『2020年3月~7月までのロックダウン期間中、

10,317人が破産しました。

また同期間に1,246社の事業が閉鎖となりました。

この期間に解雇された労働者の人数は把握していませんが、

マレーシア政府は、賃金補助プログラム、ローン返済支援、

求職支援などのサポートを行いました。』と述べました。

 

この記事に関する大丸の雑感:

ここからは、大丸の雑感です。

私は現在、マレーシアで海外駐在をしています。

サブリ首相が発表したデータは、2020年のデータです。

マレーシアでは、2021年も経済が停滞しているので

2020年を上回る破産者と事業閉鎖数が予測されています。

 

まとめ:

2020年3月から開始された経済活動制限の影響で、

私の友人、知人の多くの日本人が帰任しました。

また2021年になっても、

赴任する人 < 帰任する人の数

の方が圧倒的に多いです。

 

マレーシアでは新型コロナウイルスによる経済活動制限からくる

経済停滞の影響で、企業の閉鎖、事業規模の縮小、

事業の売却を行う会社が跡を絶ちません。

この長引く停滞はいつまで続くかわかりません。

 

しかし他の国々の状況は、

デンマーク、スウェーデンなどの国では、既にほぼ全ての感染対策に規制を撤廃しました。

 

また私のロサンゼルスや上海に住む友人に話を聞くと、

・マスクをして人は少なく

・規制はほぼない

と話していました。

 

国や地域差はあるものの、世界的に見ると新型コロナウイルスは

終息の方向に向かっているのでしょうか。

1日も早く、新型コロナウイルスが終息することを祈ります。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント