ロックダウンマップを確認したら面白いことがわかりました!

マレーシアニュース

ニュース記事:

Ismail Sabri : MCO in six Selangor districts including Petaling, Klang from Thursday to May 17

 

出典:

Dr Annuar wants Sarawak govt to reconsider AstraZeneca vaccine for senior citizens aged over 60 | Malay Mail
SIBU, May 4 ― The state government should consider using the AstraZeneca Covid-19 vaccine for senior citizens above 60 years on a voluntarily basis. In stating ...

 

 

記事の超簡単要約:

2021年5月4日マレーシア政府のヤコブ上級相は、

『5月6日~17日までセランゴール州6地区にてMCO(ロックダウン)を発令する』

と述べました。

 

また

ヤコブ上級相は、

『セランゴール州では、新型コロナウイルスの感染者が増加しています。

緊急事態を除いては、これら6地区への移動は禁じます』

と述べました。

 

セランゴール州9地区

・Hulu langat(ロックダウン対象地区)

・Petaling(ロックダウン対象地区)

・Gombak(ロックダウン対象地区)

・Klang(ロックダウン対象地区)

・Kuala Langat(ロックダウン対象地区)

・Sepang(ロックダウン対象地区)

・Kuala Selangor

・Sabak Bernam

・Hulu Selangor

 

 

この記事に関する大丸の雑感

ここからは、大丸の雑感です。

私は現在、マレーシアで海外駐在をしています。

昨日政府の発表では、9地区の内の6地区がロックダウンの対象となりました。

セランゴール州は、9地区に分けられています。

対象地区の地図を確認したら面白いことがわかりました。

 

マレーシア首都クアラルンプール州を中心した地域が全てロックダウンとなりました。

セランゴール州からクアラルンプール州へ移動することができません。

ということは、、、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クアラルンプール州に住んでいる人は、クアラルンプール州から出ることはできません。

クアラルンプール州はロックダウンの対象ではありませんが、

今回の政府の発表は、クアラルンプール州をロックダウンするのと

同じ効果があります。

 

 

まとめ:

今回のマレーシア政府の発表には、驚きました。

しかしクアラルンプール州が明日もしくは明後日にはロックダウンとなる人もいます。

時間の問題かもしれません。

 

新型コロナウイルスの感染者も最小限に抑えて欲しいです!

マレーシアでは引き続き、厳しい生活状況が続きますが、

我慢の時です。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント