モントキアラで銃犯罪!

マレーシアニュース

ニュース記事:

Elderly man shot dead in Mont Kiara

 

出典:

Just a moment...

 

 

記事の超簡単要約:

2022年7月12日記事によると

『ジャラン・デサ・キアラ1の周辺で

63歳のビジネスマンが何者かによって射殺されました。

射殺されたビジネスマンは、友人宅で麻雀をした後に、

友人宅の近くに駐車していた車に戻る際に射殺されました。

ブリックフィールド警察は、情報提供を呼びかけています。』

 

この記事に関する大丸の雑感:

私は現在、マレーシアで海外駐在をしています。

日本人が多く住む、モントキアラ周辺で、

銃犯罪とは恐ろしいですね。

 

まとめ:

マレーシアは、東南アジアの中でも

トップクラスに治安の良い国です。

しかし油断は、禁物です。

私がマレーシアに駐在して、

最も恐怖を感じた瞬間について書きます。

 

数年前は、Grabタクシーのようなシステムがなく、

タクシーを利用する際は、

タクシー運転手に目的地を告げて運賃を交渉しなければなりませんでした。

私は、クアラルンプール市内から近くのショッピングモールへ

移動するためにタクシーを利用しました。

私はタクシー乗車前に運転手に料金を確認し、

運転手は私に10リンギットと言いました。

しかし目的地に到着後、運転手は私に80リンギットを請求してきました。

私は、10リンギットしか払わないと車内で伝えましたが、

運転手は80リンギットを支払えと譲りません。

しばらくすると、他のタクシー運転手が数名集まってきて、

タクシーの周りを囲まれてしまいました。

そしてタクシーの運転手は、何語かわかりませんが、

大声で私に叫んできました。

 

当時、私はマレーシアに駐在したばかりでした。

英語も片言しかわからなかったので、

80リンギットを支払ってその場を立ち去りました。

それから暫くの間は、タクシーを利用するのが恐怖でした。

 

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント