ムヒディン首相、国民の命を守る宣言!

マレーシアニュース

ニュース記事:

Muhyiddin says ‘not tyrant, unpopular Raya restrictions needed to save lives from Covid-19

 

出典:

Muhyiddin says ‘not tyrant’, unpopular Raya restrictions needed to save lives from Covid-19 | Malay Mail
KUALA LUMPUR, May 12 — Prime Minister Tan Sri Muhyiddin justified the restrictions placed on the public during the Hari Raya Aidilfitri festive period as necess...

 

 

記事の超簡単要約:

2021年5月12日マレーシアのムヒディン首相は、

『ロックダウンの影響でハリラヤの祭日に国民が故郷に戻れずに、

国民が私達政府に腹を立てていることは理解している。

しかし私達政府は、最善を尽くし国民の命を守る』

と述べました。

 

またムヒディン首相は、

『私達は、戦争を生き抜くのと同じように、パンデミックの時代に生きています。

今現在、私達自身の身を守る最も安全な場所は家の中です』と述べました。

 

 

この記事に関する大丸の雑感

ここからは、大丸の雑感です。

私は現在、マレーシアで海外駐在をしています。

マレーシアでは、今日5月13日(木)~ 5月16日(日)までの

4日間断食明けの祭日となります。

祭日期間中ですがマレーシアでは、

ロックダウンが発令されているので、州を越えての移動はできません。

その他にも

車両の乗車人数は3名までです。

レストランでは飲食できません。

映画館は営業停止中です。

公園内でのスポーツは禁止されています。

などなど禁止事項が多く、本当に家にいる他することがありません。

 

このブログを書きながら、昼間からビールの缶を開けようか迷っています。

 

 

まとめ:

私は、ハリラヤ前にマレーシア政府はロックダウンを発令しないだろうと

考えていました。理由は、ハリラヤ祭日は、イスラム教のマレー人にとって

重要な祭日だからです。

 

約1ヶ月に及ぶ断食が終わると、お祝いの日ハリラヤの日がやってきます。

この日は、多くの人が新調した洋服に着替え、親戚、友達の家を訪れて一緒に

ハリラヤを祝います。

 

どの国でも、政治家は、国民に嫌われる政策は行いません。

理由は簡単で、国民の支持率が低下し、次回の選挙で勝てなくなるからです。

よって多くの国で政治家は、白黒はっきりしない、どっちつかずの政策を行い

責任の所在を明確にしないのです。

 

しかし今回、マレーシア政府はハリラヤ祭日に国民の怒りを買いながらも

ロックダウンを発表しました。

 

マレーシア政府は、なぜハリラヤ祭日前にロックダウンを発表したのか?

・ムヒディン首相の演説の言葉にあった『国民の命を守る』という大義のためか?

・次回の選挙でも勝利できる公算があるのか?

・その他?

現段階では、マレーシア政府の真意わかりません。

しかし歴代のマレーシア首相は、首相退任後に、自叙伝を発売するので

数カ月後もしくは数年後には真実がわかるはずです。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

 

コメント