マレーシア製ワクチン10年以内に生産可能!

マレーシアニュース

ニュース記事:

Dr Adham : Malaysia capable of producing own vaccine in 10 years

 

出典:

Dr Adham: Malaysia capable of producing own vaccine in 10 years | Malay Mail
KUALA LUMPUR, Oct 6 — Malaysia can become a producer of human vaccines within the next 10 years through the National Vaccine Development Roadmap which will be l...

 

記事の超簡単要約:

2021年10月6日マレーシア科学技術革新省のババ大臣は、

『マレーシアは10年以内にワクチンを生産することが可能です。

まずはマレーシア国内にワクチンセンターを設立します。

現在マレーシアでは、ワクチンの入手を先進国に頼っています。

この依存状況を変える必要があります。』と述べました。

 

この記事に関する大丸の雑感:

ここからは、大丸の雑感です。

私は現在、マレーシアで海外駐在をしています。

ババ大臣の『マレーシア製ワクチン』発言は、本気でしょうか?

これからマレーシアがワクチン開発を開始して、

大手製薬会社が開発したワクチンと同等のものを開発、生産できるのでしょうか?

今後のマレーシアのワクチン開発に注目が集まります。

 

まとめ:

マレーシア政府は、ワクチン開発期間を10年と発表しました。

10年かーと、長いと感じますが、過去を振り返ると10年間など

あっという間です。

 

私の10年後は、どこでなにをしているのでしょうか?

10年後もマスクを着けているのでしょうか?

 

もしかしたらマレーシア政府は、

10年後も10年以内にワクチン生産が可能です!

と話しているかもしれません。

1日も早く新型コロナウイルスが終息することを祈ります。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント