マレーシア老人ホーム事情!

マレーシアニュース

ニュース記事:

Malaysia needs more nursing homes as population ages, says minister

 

出典:

Malaysia needs more nursing homes as population ages, says minister | Malay Mail
KOTA BARU, Sept 24 — More nursing homes are needed as the country deals with an ageing population come 2030, Women, Family and Community Development Minister Da...

 

記事の超簡単要約:

2021年9月24日マレーシア地域開発大臣のハルン大臣は、

『マレーシアでは2030年までに、マレーシア人口の15%が60歳以上となります。

現在マレーシア国内には、デイケアサービスや老人ホームが少なく

政府は民間企業と連携してこれらの施設を増やす予定です。

裕福な家庭では、高額老人ホームを利用することが可能ですが、

政府としては貧しい家庭でも使用できるサービスの提供を目指します。』

と述べました。

 

この記事に関する大丸の雑感:

ここからは、大丸の雑感です。

私は現在、マレーシアで海外駐在をしています。

10年後のマレーシアと日本の人口と60歳以上の人口比率を調べてみました。

2030年人口60歳以上の人口比率60歳以上の人口
マレーシア37百万人15%5.5万人
日本112百万人36%40万人

 

世界統計データによるとマレーシアの人口は、

2060年まで人口増が続くと予測されています。

またマレーシアの家庭では、裕福な家庭でなくても

『外国籍の常駐のお手伝いさん』を雇用している家庭が多いです。

マレーシアでは、『外国籍の常駐のお手伝いさん』が補助の必要な

高齢者の介護をしています。

 

上記理由を考えると、マレーシア政府のデイケアサービスや老人ホームの

数を増やす必要ないと考えます。

マレーシア政府の取り越し苦労になるのではないでしょうか。

 

まとめ:

マレーシアの高齢者の定義は、一般的に60歳以上の人々を指します。

日本では65歳以上の人々です。

しかし現在は平均寿命も伸びて、定年年齢も伸びているので、

10年後には、高齢者の年齢定義が変わっている可能性があります。

 

また最近の多くの60歳以上の人達は、若々しくパワーに満ちあふれています。

以前、マレーシアで一緒にゴルフをした、某会社社長は65歳でしたが、

体はムキムキで、50Mを7秒台で走ると豪語していました。

実際、ドライバーの飛距離は270ヤード前後飛ばし、スコアは70台でした。

 

年齢は、1つの目安に過ぎません。

しかし私が、この人は『高齢者』だなーと感じることは、

人の話を聞かずに、自分の自慢話を永遠と話し続ける人です。

時には自分の自慢話だけではなく、人に説教を始める方もいます。

このような人と話をする時、反面教師として、

こうはなりたくないなーと感じています。

 

でも自分が実際に、自分が60代、70代になったら、

自分の武勇伝を若い人に話してしまうのでしょうね。

その時に若い人が、自分の周りにいれば良いのですが、、、、、

私が高齢者の時に、若い人が自分の周りにいなかったら悲しいですね。

その時は、犬か猫に話し掛けます!

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント