マレーシア経済復活の兆し!

マレーシアニュース

ニュース記事:

Malaysia on excellent track to recovery, says PM

 

出典:

Just a moment...

 

 

記事の超簡単要約:

2022年2月10日マレーシア政府のサブリ首相は、

『マレーシア経済は力強さが戻ってきています。

例を挙げると、

・2021年度マレーシア輸出額は1,238億リンギットとなり過去最高となった。

・2021年12月の失業率は4.3%→4.2%となった。

・2021年のアメリカ企業の投資額が1,657億リンギットとなった。

また2022年は、政府が主導し新たに60万人分の雇用機会を

創出する予定です。』と述べました。

 

 

この記事に関する大丸の雑感:

ここからは、大丸の雑感です。

私は現在、マレーシアで海外駐在をしています。

サブリ首相の話のように、私が仕事をしているマレーシア現地法人の会社でも

2021年12月年末頃から客先の問い合わせが徐々に増えてきていました。

2022年は、マレーシア経済の復活なるでしょうか?

 

まとめ:

製造業を中心にマレーシアでは、経済が戻りつつあります。

しかし新型コロナウイルスの影響で、引き続き観光業は厳しい状況にあります。

2019年のマレーシア経済統計では、観光業が国内総生産の14%を占めています。

観光業は、ホテル、交通機関、飲食業、レジャー施設など裾野が大きいビジネスです。

マレーシアは東南アジアでは珍しいイスラム国家です。

中東のイスラム国家の人々から人気の旅行先となっています。

大きな理由は、イスラム教の人々がマレーシアに旅行しても食事に困らないのです。

またイスラム国家でありながら、多民族他宗教の国民を持つマレーシアは、

その特殊性から世界中の国々の人々が訪れています。

 

本当の意味でのマレーシア経済の復活は、

観光業の復活なくしてありえません。

現在マレーシア政府は、2022年3月1日に国境を開放するか議論しています。

もし国境が開放されれば、マレーシア観光業復活の起爆剤になることは

間違いありません。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント