マレーシア旅行には20,000USDの医療保険が必要!

マレーシアニュース

ニュース記事:

Khairy : Travellers to Malaysia must have minimum insurance coverage of

US20,000 with the exemption of Singapore or Malaysian citizens, permanent residents and long-term pass holders

 

出典:

Khairy: Travellers to Malaysia must have minimum insurance coverage of US,000 with the exemption of Singapore or Malaysian citizens, permanent residents and long-term pass holders | Malay Mail
KUALA LUMPUR, March 30 — The government has set a minimum insurance coverage (for Covid-19 and travelling) of US,000 (RM84,090) for travellers arriving in Ma...

 

記事の超簡単要約:

2022年3月30日マレーシア政府保健省のカイリー大臣は、

『マレーシアへ入国する旅行者は、最低20,000USDの医療保険に加入する

必要があります。

これはワクチン接種の有無に関わらず全ての外国人に適用します。

旅行者がマレーシア滞在中に、新型コロナウイルスに感染して

入院した場合の費用を保険でカバーすることが目的です。』

と述べました。

 

この記事に関して大丸の雑感:

私は現在、マレーシアで海外駐在をしています。

政府がマレーシア旅行者への入国ルールを多く設けることで、

旅行者はマレーシアを旅行の目的地から除外するでしょう。

私の両親や友人も、全ての規制が撤廃されるまで、

海外旅行はしないと話しています。

 

まとめ:

新型コロナウイルス感染症は発生してから約2年間経ちました。

この間、私は日本へ一時帰国していません。

私の周りの多くの駐在員も、約2年~3年間、日本へ一時帰国していません。

私は家族と一緒にマレーシアで生活していますが、

単身赴任でマレーシアに駐在されている方は、

気の毒だなー感じています。

特に思春期のお子さんを持つご家庭では、大変な思いをされて

いることでしょう。

 

会社によって一時帰国の頻度は違いますが、

単身赴任で駐在している駐在員は、

一年間に一回、半年間に一回、

多い会社では四ヶ月に一回、

会社負担で日本への一時帰国が認められています。

 

しかしこの新型コロナウイルスの出入国規制で、

2年以上家族に会っていない、駐在員の方が相当数います。

 

お金で解決できることではありませんが、

会社はこの単身赴任駐在員の方々に

『一時帰国不可手当』の名目で一時金を支給すべきだと考えるのは、

私だけでしょうか?

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント