マレーシア政府消費税再導入!?

マレーシアニュース

ニュース記事:

GST can help those hit by pandemic, says Najib

 

出典:

Just a moment...

 

記事の超簡単要約:

2022年4月8日マレーシア元首相のナジブ氏は、

『マレーシア政府の税収入は減少しています。

マレーシア政府は、GST(消費税)の再導入を検討すべきです。

現在、新型コロナウイルスの影響で、

好調な企業と不調な企業がはっきりと分かれています。

消費税を導入すれば、好調な企業より税金を徴収することができ、

苦労している一般市民に分配することができます。』と述べました。

 

この記事に関して大丸の雑感:

私は現在、マレーシアで海外駐在をしています。

ナジブ氏が首相だった2015年に、マレーシア国内では消費税6%が導入されました。

しかし政権交代により、首相の座はナジブ氏からマハティール氏に変わり、

マハティール氏は選挙公約通り、消費税6%を廃止しました。

 

そもそもナジブ氏が1MBD問題で、

マレーシア人血税である数千億円を流出させなければ、

マレーシア政府は消費税を導入する必要はなかったと言われています、、、、、、、

個人の私利私欲で、国民から税金を徴収するナジブ氏、、、、

恐るべしです。

 

まとめ:

私の個人的な意見ですが、

ナジブ氏の発言をニュースや新聞で取り上げないで欲しいと思っています。

ナジブ氏の発言が取り上げられれば、

マレーシア国民は、

ナジブ氏を未だに影響力を持つ人物と勘違いしてしまいます。

 

あっ、そういう私もナジブ氏の記事を取り上げてしまっていました。😁

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント