マレーシア失業率が大幅改善!

マレーシアニュース

ニュース記事:

Govt initiatives have brought down Malaysia’s jobless rate, says finance minister

 

出典:

Govt initiatives have brought down Malaysia’s jobless rate, says finance minister | Malay Mail
GEORGE TOWN, Feb 11 ― Various initiatives by the government to expand job opportunities for Malaysians have managed to bring down the unemployment rate to 4.2 p...

 

記事の超簡単要約:

2022年2月13日マレーシア政府のアジズ財務大臣は、

『2020年5月の失業率は5.3%でしたが、

2021年12月は4.2%となりました。

マレーシア政府の雇用機会拡大政策により、失業率は大幅に改善しました。

2022年マレーシア政府は、新たに600,000人分の雇用を生み出します。』

と述べました。

 

この記事に関する大丸の雑感:

ここからは、大丸の雑感です。

私は現在、マレーシアで海外駐在をしています。

マレーシアの雇用機会は、ここ数ヶ月で改善傾向にあります。

新聞の仕事募集覧を見ると、多くの仕事募集に関する記事を見つけることができます。

特に製造業の調子が良さそうです。

しかしこの失業率の改善が、マレーシア政府の雇用政策によって

改善したとは思えません。

政府がコロナの規制を緩めて、経済が上向いただけのような、、、、、

そう考えるのは私だけでしょうか。

 

まとめ:

マレーシアの多くの会社では、旧正月前にボーナスを支給します。

転職を考えている社員は、ボーナスを受け取ってから転職するので、

旧正月が明けた、今の時期に会社へ辞表を提出します。

私が仕事をしているマレーシアの現地法人の会社でも

数名の社員から辞表を受け取りました。

 

コロナ禍の中、約2年間一緒に働いてきた仲間が会社を去ることは

残念ですが、仕方ありません。

私の上司の雇用スタイルは、

『来るものは面接で選び、去るものは追わず』の

ストロングスタイルです。

 

退職して人が去れば、入社して新たな人が会社に来ます。

また新たな素晴らしい出会いがあると信じて、

来週からの面接に臨みます。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント