マレーシア大手企業の好調な決算数字!

マレーシアニュース

ニュース記事:

Petronas back in the black with RM48.6bil net profit for 2021

 

出典:

Just a moment...

 

記事の超簡単要約:

2022年3月1日のペトロナスに関する記事によると、

『ペトロナスは前年度の会計収支を発表しました。

2020年度 売上1,787億リンギ 純利益▲210億リンギ

2021年度 売上2,480億リンギ 純利益 486億リンギ

前年度と比較して、増収、増益となりました。

また2022年度中に炭素関係の新事業を立ち上げる予定で

さらなる収益の改善が見込まれます。』と述べました。

 

 

この記事に大丸の雑感:

ここからは、大丸の雑感です。

私は現在、マレーシアで海外駐在をしています。

毎日ように大手企業の各社が決算を発表しています。

イオンマレーシアは、

2020年度 売上40億リンギ 純利益 41百万リンギ

2021年度 売上36億リンギ 純利益 85百万リンギ

前年度と比較して減収、増益となりました。

売上減少の理由としては、新型コロナウイルスの影響で

来店客が激減しテナントの撤退で家賃収入の減少としています。

前年度と比較して売上は10%減少しているにもかかわらず、

純利益は2倍以上となりました。

流石、イオンです!

株価もヒタヒタと値段を上げています。

今後の株価上昇も期待できるのではないでしょうか!

 

まとめ:

マレーシアでは、税法上、会社から支払われる配当について

源泉税は課税されません。

株主は税金を支払う必要がありません。

 

マレーシア国内で数社の株式を保有しているので、

4月以降の配当金額が楽しみです。

配当金っていっても

毎年数十リンギットしかないのですが、、、、、、、

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント