マレーシア多くの人種で賑わうフードコート!Kopitiam RTP (フードコートRTP)!

マレーシアレストラン紹介

レストランの基本情報:

店名:Kopitiam RTP (フードコートRTP)

 

ジャンル:

フードコート(中華、インド、ボルネオなど)

目的地住所、連絡先:

21, Jalan SS 4d/2, SS 4, 47301 Petaling Jaya, Selangor

営業時間:

年中無休

7:00AM – 16:00PM

レストラン内設備:

通常の席のみです。

メニュー:

日によって違いますが、平均で5~8店舗のお店がフードコート内に出店しています。

 

目的地への行き方やルート:

マレーシア首都クアラルンプールから、Kopitiam RTP (フードコートRTP)まで車で約30分程度の場所にあります。サンウェイピラミッドからだと車で約15分程度です。

 

マレーシアでタクシーを利用する場合の注意事項:

マレーシアでタクシーを利用する場合、道端のタクシーを使用せずにGrabタクシーを利用することを強くお勧めします。ほとんどの道端で待機しているタクシーは、乗車する前に運賃の交渉をしなければなりません。また法外な運賃を請求するドライバーもいるため、旅行者の方の利用はお勧めしません。Grabタクシーであれば、乗車前に運賃、送迎時間がわかるので安心です。

 

 

レストランの詳細情報:

実食体験レポ:

Beer Noodle soup(ビーフヌードル):15RM(380円)

ビーフヌードルは、東マレーシアボルネオ地区の郷土料理です。

ここフードコートのオーナーの出身地はボルネオ地区です。

オーナーによると、クアラルンプール地区には、おいしいビーフヌードルが食べられる

レストランが少ないので、自分でフードコートとビーフヌードルのお店を作ったそうです。

 

私は今回、ビーフヌードルをはじめて食べました。写真のようにスープは真っ黒です。

しかし全くしょっぱくはありません。スープを飲むと、ビーフの濃厚な味が口に広がります。

豚骨スープならぬ、牛骨スープです。また麺は、ビーフンを使用しています。

ビーフンはあっさりしていて、濃厚な牛骨スープに絡みます。

 

そしてこのビーフヌードルの中には、牛肉の塊がゴロゴロ入っていています。

牛肉は、大きな塊なので、硬いと思いきや、くちびるでも切れるぐらいの柔らかさです。

牛肉好きには、たまらない一品です。

 

またビーフヌードルと一緒に、赤いソースが一緒に付いてきます。

このソースが驚くほど辛くインパクトのある味です。舐めるだけで、一瞬で目が冷めます。

マレーシアに生活に飽きている方がいれば、是非一度、この赤いソースを試してください。

びっくりするほど、辛いです!

 

一点注意事項としては、ビーフヌードルの中には、牛肉の様々の部位が入っています。

牛肉の内臓系や尻尾の部位です。内臓系や尻尾の部位が苦手な方は、注文時に

抜いてもらうことをおすすめします。

 

Tosei(トーセ):2RM(50円)

トーセとは、米粉とレンズ豆の粉を水で混ぜて、鉄板でサクサクに焼き上げた食べ物です。

このお店では、2種類のカレーとトーセを一緒に出してくれました。

色からもわかるように、左の黄色いカレーはさっぱりしています。

右の赤いカレーは、かなり辛いです。

 

写真を見て気づいたかも知れませんが、

左と右のカレーの間に空のスペースがあります。

 

ここに左と右のカレーをこの空のスペースに入れて、オリジナルの味を作って、

3種類目のカレー作るそうです。

 

このボリュームで、50円って激安ですね。

通常、多くの人は朝食でこのトーセを食べるそうです。

 

その他にも、チキンライス(中国料理)6RM(150円)を食べました。

 

 

 

大丸がおすすめ度を10段階で評価:

金額設定:

🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟 10スター

なにを食べても激安です。財布の紐を気にする必要がありません。

料理の味、ボリューム:

🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟 8スター

ほとんどのメニューで比較的ボリュームが大きく、コストパフォーマンスは最高です!

衛生面:

🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟 9スター

通常、マレーシアのフードコートの多くは、床がヌルヌルしていて、湿度が高いイメージが

あると思いますが、ここのフードコートは、床、テーブル、トイレなどいつも綺麗です。

また多くの冷風機が、お店の至る所にあるので、涼しく快適に食事を楽しむことができます。

SNSに投稿するに値するレストランか?:

🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟 8スター

マレーシアのローカル料理を是非、SNSに投稿してください。

接待で利用できるか?

🌟🌟🌟 3スター

お店は、16:00PMまでです。お昼にランチミーティングで使用できますが、

多くのお客さんがいるので、落ち着かないでしょう。

 

来店者別おすすめ度を10段階で評価:

一人様で来店の場合:

🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟 7スター

私はスバン周辺へ営業に行った際は、ここのフードコートで昼食を食べることがよくあります。お店の前に車の駐車スペースが多くあり、お店が清潔だからです。ここのフードコートで食事をして、一度もお腹を壊した事はありません。安心安全なお店です!

カップルで来店の場合:

🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟 7スター

日によって違いますが、平均で5~8店舗のお店がフードコート内に出店しています。

それぞれ違う国の料理を注文して、分け合って食べることをおすすめします!

子連れ(お子さん10歳以下)で来店の場合:

🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟 8スター

私がお店を訪れたときも多くの家族連れが食事をしていました。

子供からお年寄りまで楽しめる料理が揃っています。

日本からの旅行者が来店の場合:

🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟 8スター

日本からの旅行者の方には、是非ビーフヌードルを食べてもらいたいです。

もし日本国内で、このビーフヌードルが食べることができるのであれば

私は食べに行きます!

駐在員が訪れる場合:

🌟🌟🌟🌟🌟🌟 6スター

駐在員であれば、選択肢のひとつとして抑えておきたいフードコートです。ご存知のようにマレーシアでは、マレー人、中国人、インド人の人々が住んでいます。また文化が異なれば、食生活、食べるものも必然的に変わります。駐在員として、誰でも利用できるニュートラルなフードコートを数軒知っていれば、宗教、民族に関係なく、楽しく食事をすることができるでしょう!

 

 

まとめ:

牛肉好きには、絶対のおすすめのビーフヌードルです。

長時間煮込まれた牛肉は、唇で噛み切れる柔らかさです。

是非、一度お試しください!

 

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント