マレーシア不動産は供給過多なのか?

マレーシアニュース

ニュース記事:

PM : Ismail : Construction of Merdeka 118 tower amid Covid-19 pandemic a great engineering achievement for Malaysia

 

出典:

PM Ismail: Construction of Merdeka 118 tower amid Covid-19 pandemic a great engineering achievement for Malaysia | Malay Mail
KUALA LUMPUR, Nov 30 — The construction of the Merdeka 118 tower amid the Covid-19 pandemic marks a great engineering achievement for the country and reinforces...

 

記事の超簡単要約:

2021年11月30日マレーシア政府のサブリ首相は、

『建設中のMerdeka 118タワーは、2022年に完成予定です。

このタワーの完成により、

世界中の人々へマレーシアが近代的な先進国へと成長したことを示すことになります。

Merdeka 118タワーは、マレーシアな象徴的な建物となり

新たな観光スポットとなるでしょう。』と述べました。

 

この記事に関する大丸の雑感:

ここからは、大丸の雑感です。

私は現在、マレーシアで海外駐在をしています。

Merdeka 118タワーは、地上118階、地下5階、高さ656mの複合商業タワーです。

ドバイにあるブルジュ・カリファタワー828mに次いで、世界第2位の高いタワーと

なる予定です。

Merdeka 118タワー内部は、大型ショッピングモール、ホテル、賃貸オフィス、

住居、美術館、展望台などの施設が設けられる予定です。

 

Merdeka 118タワーは間違いなく、マレーシアのホットスポットになるでしょう!

 

 

まとめ:

Merdeka 118タワーが完成すれば、マレーシア国内で一番高い建物となります。

・Merdeka 118タワー:656m

・ペトロナスツインタワー:415m

・クアラルンプールタワー:276m

・Tun Razak Exchange(建設中):445m

 

時々、私はクアラ・ルンプール市内のお客様の事務所を訪問します。

その時に感じるのは、ビル内の空室の多さです。

新型コロナウイルス発生後、間違いなくビル内の空室は増加いるでしょう。

 

またクアラ・ルンプール市内では、複合商業複合施設だけではなく、

多くの高層コンドミニアムの建設プロジェクトが進行中です。

しかし完成済のコンドミニアムでも空室が目立ちます。

先日、友人が住んでいるモントキアラResidensi22に行ったとき

駐車場の空室の多さに驚きました。

多分10~20%の人しか住んでいないのではないでしょう。

 

サラリーマンの私が心配することではありませんが、

マレーシアの商業施設、高層コンドミニアムの供給過多の状況に

心配しています。

 

過去私の上司が、バブル時代の推移を4つの動詞で表してくれました。

『頑張る→儲かる→欲張る→弾ける』

今まさに、マレーシア不動産業界は『欲張る』の段階に入っていないでしょうか?

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント