マレーシア・シンガポール間の国境開放!

マレーシアニュース

ニュース記事:

Johor MB : Malaysia-Singapore land VTL to open simultaneously with sir travel VTL on Nov 29

 

出典:

Johor MB: Malaysia-Singapore land VTL to open simultaneously with air travel VTL on Nov 29 | Malay Mail
KOTA TINGGI, Nov 18 — Johor Mentri Besar Datuk Hasni Mohammad today confirmed that the Vaccinated Travel Lane (VTL) via the Causeway and Second Link will be ope...

 

記事の超簡単要約:

2021年11月18日マレーシアジョホール州のモハメッド議員は、

『11月29日マレーシアとシンガポールの陸路、空路の国境に

トラベルゾーンが開設されることを両国の政府より確認しました。

長期パスを保有している人は、両国を自由に移動することができます。

国境が再開し人の移動が自由になれば、

ジョホール州失業率は低下するでしょう。』

と述べました。

 

この記事に関する大丸の雑感:

ここからは、大丸の雑感です。

私は現在、マレーシアで海外駐在をしています。

新型コロナウイルス発生前、

長期就労パスを保有しているジョホール州に住むマレーシア人は、

毎日シンガポールの国境を超えて仕事に通っていました。

 

今回の両国の政府の発表により、長期就労パスは自由に国境を移動することが

できます。

現在の両国の新規感染者数は、

マレーシア:約6,000名

シンガポール:約2,500名

と依然として高い数字を保っています。

 

しかし今回両政府が合意に至ったということは、

両政府が感染をコントロールできると判断した自信の現れだという

メディアの見解もありました。

マレーシア政府とシンガポール政府の知識人の方々が

決定した事を信じて、新型コロナウイルスの終息を祈ります。

 

まとめ:

以前シンガポールで働いていたマレーシア人と話したことがあります。

その人は、ジョホール州からシンガポールへ毎日国境越えバイクで

出勤していました。

 

彼の話によると、シンガポールで働く魅力は、

すばり『給料』と話していました。

マレーシアで仕事をするよりも3倍~5倍の給料を貰えると話していました。

 

ジョホール州からシンガポールへ毎日仕事に通うという感覚は想像できませんが、

日本で考えると、本州にある岡山県と四国にある香川県の瀬戸大橋を

渡って仕事に通う感覚でしょうか?

橋を渡って仕事に通えば、給料が3倍~5倍になるとは魅力的な話しですね!

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント