マレーシアホテル業界絶好調!

マレーシアニュース

ニュース記事:

Business booming again for hotels, homestays

 

出典:

Just a moment...

 

 

記事の超簡単要約:

2022年5月4日マレーシアホテル協会のミシェル副会長は、

『ハリラヤ祭の間、サバ州のコタキナバルとパハン州のゲンティンハイランドで、

通常の日と比較してホテルの予約数が100%増加しました。

この増加傾向は、6月上旬まで続くと予測しています。』と述べました。

 

 

この記事に関する大丸の雑感:

私は現在、マレーシアで海外駐在をしています。

新聞やニュースを見ていると、

マレーシア国内の観光地やテーマパークは、多くの人で混在しています。

マレーシア政府が新型コロナウイルス規制を緩和したので、

日々マレーシア経済が活発になっていることを実感しています。

 

まとめ:

私は、この連休の間、特別に外出はしていません。

敢えて言えば、昨日車の洗車へ行きました。

この洗車場は、自宅近くの道端にあります。

インド人の柄の悪そうなおじさん3人で、

誰が見ても明らかな不法洗車場です。

 

この不法洗車場の洗車料金は、10MYR(約300円)です。

洗車は、丁寧に車体を手で洗車してくれて、車内も掃除機をかけてくれます。

通常は、ガラガラで待つことのない不法洗車場ですが、

昨日は、多くの客で賑わっていて1時間も待ちました。

 

外出する人が増えれば、ホテルの稼働が上がり、

観光地やテーマパークには客が殺到します。

そして道端の不法洗車場も繁盛するのですね。

マレーシア経済の完全復活も間近です。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント