マレーシアを脱出する若者達!

マレーシアニュース

ニュース記事:

Survey : Over 70pc young Malaysian employees would consider leaving country for better job prospects

 

出典:

Survey: Over 70pc young Malaysian employees would consider leaving country for better job prospects | Malay Mail
KUALA LUMPUR, Nov 16 — A research by Employment Hero, a complete people, payroll and benefits solution for small to medium-sized businesses, has revealed that 7...

 

記事の超簡単要約:

2021年11月16日マレーシア調査会社Employment Heroの調査によると

『マレーシアの若い従業員1,004人を対象に調査を行ったところ

72%の若い従業員がマレーシアを離れて仕事を探すことを

検討していることがわかりました。

若者が仕事したい国は人気順に、シンガポール、オーストラリア、

ニュージーランド、イギリスです。

マレーシアの若い従業員が海外に仕事を求める理由は、

キャリアアップ、収入アップが主な理由です。

またマレーシアの会社は、キャリア開発、働く従業員への感謝、

トレーニング機会などが欠如しているという厳しい意見もありました。』

と述べています。

 

 

この記事に関する大丸の雑感:

ここからは、大丸の雑感です。

私は現在、マレーシアで海外駐在をしています。

マレーシアは多民族他宗教国家です。

ほとんどのマレーシア人は、数カ国の言葉を話すことができます。

私が働いている同僚のインド人は、

マレー語、英語、タミル語、北京語、広東語を話すことができます。

世界中どこに行こうが、仕事や生活をすることが可能です。

 

数カ国の言葉を操るマレーシア人の若者ならば

海外に出て働いても、海外という感覚すらないかもしれません。

 

 

まとめ:

マレーシアで働く日本人は大きく分けて3つに大別することができます。

・日本の会社から派遣された駐在員

・マレーシアで自ら起業した会社オーナー

・マレーシアに来て仕事を得た現地採用

です。

 

人にはそれぞれ個性があるので、

一概にステレオタイプにあてはめることはできませんが、

私は同じ日本人でも

・マレーシアで自ら起業した会社オーナー

・マレーシアに来て仕事を得た現地採用の方々

と会って話をすることが大好きです!

この方々は、皆さん特出した個性があり魅力的な方々が多いです。

また数多くのすべらない話をもっています。

 

彼らから教えて頂いたすべらない話を披露したいのですが、

また次回の機会にしたいと思います。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント